お知らせ

オールオン4ザイゴマインプラントセミナー

2018年10月22日 (月)

昨日は今年度最後のオールオン4ザイゴマインプラントセミナーを開催いたしました。

全5回の最終回は初日のライブオペ、パーティ、2日目にザイゴマハンズオン、補綴ハンズオンの豪華スケジュール。
札幌から佐賀まで各地のトップデンティストが一同に集合、皆様オールオンではすでに活躍されている方ばかりですからザイゴマのセミナーは超ディープです。
活発なディスカッションは素晴らしい意見交換の場となりました。

特別講師をお勤め頂いた、元ペン大、頼教授、ザイゴマスペシャリスト加藤哲先生、名古屋の名医吉岡喜久雄先生には心から感謝いたします。

ノーベルバイオケア社はじめ協賛企業様各営業担当様ありがとうございました。

御受講いただきました各先生におかれましては今回のセミナーから何か少しでも参考になることがあれば幸いです。

オールオン4とザイゴマインプラントは本当に素晴らしい治療法だと私は思っています。
日本にはまだまだ歯を悪くして人生を失いかけている方が沢山います。
その方達の人生を取り戻すために必ず役に立つ治療法と確信しています。
各地域において先生方がさらにご活躍され幸せな患者さまが増える事が私の希望です。
一年間本当にありがとうございました。

ORCインプラントグループ
医療法人新正会理事長
安藤正実


ORC主催 All-on-4 Zygoma Implant Seminar Day2-3

2018年07月30日 (月)

ORC主催 All-on-4 Zygoma Implant Seminar
2018年第2回目となるDay2-3はORCインプラントクリニック大磯ザイゴマインプラントセンターにて開催されました。

全国各地からご多忙の中ご出席頂きました受講生の先生方に感謝いたします。

今回は特別講師として台湾から頼辰雄教授、メタゲノム解析の谷口誠先生に素晴らしい講義をいただき、インプラント周囲炎や侵襲性歯周炎についてより理解が深まりました。


最終回10月は晩秋の大磯で行われます。
模型を使ったハンズオンセミナーにより、オールオン4、さらにザイゴマインプラントテクニックを完全に会得できますようサポートさせていただけるように努力したいと考えています。

ORC主催 All-on-4 Zygoma Implant Seminar Day1

2018年05月21日 (月)

ORC主催 All-on-4 Zygoma Implant Seminar
安藤歯科ORCインプラント矯正センター
非常に多くの先生方にご参加頂き、無事Day1を終えることができました。
スペシャルスピーカーの吉岡先生には素晴らしい講義をいただきありがとうございました。
また全国各地からご多忙の中ご出席頂きました受講生の先生がたに感謝いたします。
次回7月は真夏の大磯で行われます。
オールオン4、さらにザイゴマインプラントテクニックを完全に会得できますようサポートさせていただけるように努力したいと考えています。

JAID総会・学術大会2017

2017年11月15日 (水)

2017年11月5日学術団体JAIDの総会・学術大会が開催されました。
オーストラリアからアレックス・フィビシエンコ先生が来られオールオン4治療について講演をして頂きました。
午後は、寺本昌司先生、長谷川嘉昭先生にも講演頂き、日々の治療に直結する内容で盛りだくさんでした。
また、別会場では、衛生士部門も開催され、上間京子先生に講演頂きました。

JAID総会・学術大会2017

アーネストブログ

2015年01月22日 (木)

アーネストブログに、2011年に執筆したコラムが掲載されています。

アーネストコラム「洒洒落落」
安藤歯科ORCインプラント矯正センター 理事長 安藤正実 先生 第1回

  • アーネストコラム「酒酒落落」
  • 2011年4月06日


     

    まずはじめにこのブログを書いている途中に
    大変な大惨事が日本を襲いました。
    多くの被災者や亡くなられた人々のことを考えると
    のんびりブログを書いている場合ではないと思いましたが
    我々のように生き残った者が以前にも増して日々を
    精いっぱい生きることが日本の復興に役立つことと考え
    再び書かせていただきます。

     

    ちなみに私の診療所はアーネスト社長の山口氏の発案のもと
    アーネストアーキテクトの尾高氏の設計によって
    一昨年に完成しました。
    地震の当日大きく揺れるその診療室で仕事中でしたが
    設計時にそのデザイン性とは相いれないほどの
    堅牢な設計をしていただいたおかげで
    本当に安心していられたことには大きな感謝を感じました。
    まるでポルシェのような剛性感を感じたと言えば
    言いすぎかもしれませんが、
    ミシリともせず揺れ続いたのにはびっくりしました。
    今回このブログを通じて私の趣味と仕事の係わり、
    人生における目的についてお話したいと思います。

     

     

    現在私は50歳です。
    私が歯科医師を目指したのは13歳、中学生の時です。
    一人っ子だった私は小さいときから部屋の片隅で
    ぶつぶつ言いながら一人で
    粘土細工をしているのが好きな子供でした。
    今でいうところのfigureのような
    小さなアニメ人形(当時はお化けのQ太郎、鉄人28号)や
    小さな自動車(マッハ号や知る人ぞ知るパーカー氏の運転する
    ペネロープ号)などを何度も何度も作っては
    破壊するを繰り返しておりました。
    両親やその友人たちにその作品を見せると
    皆が一様にすごいとほめてくれるのが嬉しく
    て益々それらの作品の完成度が上がって行きました。
    そのおかげか、最も大脳の活動が高い幼少期に
    指と脳における関連づけが確立された可能性が
    私のその後の人生に大きな影響を与えたことは
    疑いのないことでした。
    とにかく手先の器用な子供という評価を得た私は
    将来の職業選択に芸術系もしくは
    歯科医師のような技術系への思いを巡らすようになります。
    そして中学の時、前述のように歯科医師になろうと思ったのです。

     

     

    現在の歯科医師のイメージは、さほど高くない偏差値の割に
    医師の資格が取れるが高い授業料の割に年収も低く、
    医学部にあぶれた学生の落とし所の様な感じ、
    と言うといいすぎかもしれませんが、まあそんなところでしょう。
    今では医師の平均年収2400万に対し、
    歯科医師の年収970万円と2倍以上に差がつきましたが、
    私が歯科医師を目指した昭和50年当時歯科医師の年収のほうが
    医師のそれを上回った時期があることは意外と知られていません。
    当然、当時の歯学部受験の偏差値も現在より高く、
    医学部の中堅よりも難易度の高い歯学部は何校もありました。
    私の卒業した品川区にある某歯科大学もその一つでした。
    この大学は私立で唯一、医科、歯科、薬科をもち、
    現在では保健医療(看護科,理学療法科)の医系総合大学です。
    私はこの大学の卒業生の東京代表を務めつつ
    日々の臨床を行う開業医です。

     

     

     

    話は突然変わりますが、アニメ、サザエさんのお父様、
    磯野波平氏は何歳だと思われますか?実は彼は54歳です。

     

    現在の54歳は家で着物などきていませんし、
    会社に帽子をかぶっても行きません。
    しかしこのアニメができた昭和40年初頭のころ
    日本人男性の平均寿命は63歳でしたから、
    彼はあと10年で天に召されても不思議は無い年齢なのです。
    彼の口腔内は診たことがないので何とも言えませんが、
    確か頭には毛が一本しか残っていなかった様な気がします。
    おそらく目も悪かったに違いありません。

     

    現在日本歯科医師会で8020(ハチマルニーマルと読みます)運動
    なるものをやっておりますがこれは80歳の年齢時に
    最低20本の歯を残そうということです。
    なぜ20本なのかと言いますとこの本数が
    食事を不自由なく食べることのできる最低本数だからです。
    実際に今80歳の平均残存歯数は7本ですので
    8007というのが現実です。

     

    さて話を磯野波平氏に戻しますが
    当時は寿命が短かったおかげ?で
    死ぬまで噛めずに歯で苦労する人が少なかったのに対し、
    現在は平均寿命の伸びに伴い、食に於いて
    欠かすことのできない歯を失う人の率が高まっているのです。
    そして日本のみならず世界的に
    無歯顎者(歯の一本もない方)の人口が
    爆発的に増えているのです。

     

    歯の状態が健全な読者の皆様には想像もできないことかと思いますが、総入れ歯というものはそんなに具合のよいものではありません。
    咀嚼能率という指標があります。
    それは生のお米を噛んでいただいて
    どのくらい細かくなったかをふるいにかけて
    調べる方法(篩分法)を用いて
    具合が良いと患者様が思っている義歯において調べると
    正常な人の30パーセントが最高の義歯と言われる程度なのです。

     

    義歯安定剤のCMを見るにつけ、あれでごまかしている
    多くの患者さまがたくさんおられることを悲しく感じることがあります。
    現在世界で歯を失った場合の第一選択肢は
    義歯やブリッジ(両隣の歯を削る方法)からインプラント
    という人口の歯根を用いる方法に変わりつつあります。

     

    特にスウェーデンやデンマークではほとんどの患者様が
    インプラント治療によって歯を回復しているのが現実です。
    ちなみに日本では2010年のデータで約20パーセントの歯科医師が
    行うようになりましたが専門的に行っている医院の割合は
    2パーセント未満であります。

     

    実はこの治療は一般的な歯科治療と比べると
    やや難易度が高くすべての歯科医師が行って良いかと言うと
    そうでもない気がする治療方法なので
    この割合は何となく正しい気もするのですが、
    インプラントを行っていない先生にかかっている患者様は
    不幸なことに良く噛めず使い心地も悪い義歯で
    一生を過ごすことになる可能性があるのです。

    次回に続く

    ツꀀhttp://earnest-blog.jp/past/2011/05/

ライブオペセミナー(Nov.2013)

2013年12月18日 (水)

年2回恒例のライブオペセミナー後期分を11月23日に当院3階の研修室にてとりおこないました。遠くは台湾から宋先生御一行、近畿地方や関西地方、その他各地から著名な先生方が参加致していただき、午前中は難症例のザイゴマオペ、午後からはベーシックなオールオンフォーのライブオペを行いました。

IMG_4958

IMG_3684

IMG_4967IMG_4968IMG_4952IMG_4949IMG_1609

 

JAID-UCLAジャパンプログラム卒業式

2013年04月16日 (火)

パーティー前集合写真
建物
UCLA1UCLA2
UCLA3UCLA5
UCLA7UCLA9
UCLA2UCLA2
UCLA4UCLA6

UCLA1
UCLA2

先月下旬、3月25日~29日に渡ってアメリカ・ロサンゼルスで開催されました、「JAID-UCLAジャパンプログラム」卒業式に参加してきました。

“JAID”とは、歯科界発展のために活動している学術団体です。現地、UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)にて最新のインプラント治療、審美歯科治療などに触れ、勉強してまいりました。

こうした発見や学んだことを、今後の治療において活かしていきたいと思っています。

台湾でのインプラント学会に参加いたしました。

2012年12月12日 (水)

去る2012年11月24、25日

台湾国際貿易センターにて行われた台湾国際インプラント学会に世界からのスピーカーの1人として、今回招待されました。

現地では著名なドクター達に親切にしてもらい多くのことを学ぶことができました。
数名のドクターは早速翌週にインプラントセンター埼玉まで見学に来てくれました。
彼らとの交流を深め、また海外の学会への挑戦という大きな課題を乗り越えることで、とても有意義な時間を過ごせました。

 

インプラント学会
▲学会会場入り口、台湾の著名なドクター達と

インプラント学会
▲英語での講演終了後、大会長との記念撮影

 

インプラント学会
▲講演会場入り口にて

歓迎
▲現地ドクターからの歓迎写真

 

会食
▲Nobel Biocare台湾会長との会食

今後も、このような有意義な学会参加の報告を随時行ってまいります。ご期待ください。

Zygomaインプラント ライブオペセミナー

2012年05月15日 (火)

去る5月13日(日)に当院で開催しましたライブオペセミナーが無事終了いたしました。
遠方より全国各地の先生方にお集まりいただき、盛況の中、プログラムが無事終了いたしました。
今回は、通常のALL-ON-4テクニックでは適応とならない症例に対してZygomaインプラントを用いる場合の
スタンダードテクニックをライブオペを通し解説させていただきました。
また、ALL-ON-4テクニックを模型を用いて実際に埋入するハンズオンセミナーも同時に開催いたしました。
参加いただいた先生方、たいへんありがとうございました。また人数限定だったため、ご参加いただけなかった先生方は、次回開催時をご期待ください。
今後もより良いセミナーを開催できるよう努力してまいります


インプラント学会・学術大会

2011年09月22日 (木)

9月16~18日にかけて、第41回日本口腔インプラント学会・学術大会が

名古屋国際会議場で開催されました。

今回は、当院のドクターも論文発表を行わせていただきました。また、多数の興味深い発表を

拝聴させていただき、インプラント治療に対するモチベーションをさらに高めることができました。

今学会で学ばせていただいたことを早速治療に反映させていきたいと思います。







オールオン4なら東京・埼玉・静岡・神奈川で4医院の安藤歯科医院へ
インプラント専用フリーダイヤル
0120-941-801

月金9:30-19:00 / 火水9:30-18:30
土9:30-15:00 休診:木日祝

お問い合わせ/資料請求

048-462-1800
03-3550-1800
0557-51-3418
0463-62-1801
資料請求
各種クレジットカード
各種クレジットカード(東京・埼玉)
コラム
2018年11月30日
歯周病は歯周病の原因菌が引き起こす感染症です。歯周病は世界で最もかかっている人が
2018年11月23日
歯周病は年齢を重ねるにつれ、自覚し、不調を訴える人が増えてきます。実際、歯周病と
2018年11月16日
歯茎が腫れるというのは、誰でも経験したことがあると思います。歯茎の腫れがひどくて