メディア紹介

アーネストブログ

2015年01月22日 (木)

アーネストブログに、2011年に執筆したコラムが掲載されています。

アーネストコラム「洒洒落落」
安藤歯科ORCインプラント矯正センター 理事長 安藤正実 先生 第1回

  • アーネストコラム「酒酒落落」
  • 2011年4月06日


     

    まずはじめにこのブログを書いている途中に
    大変な大惨事が日本を襲いました。
    多くの被災者や亡くなられた人々のことを考えると
    のんびりブログを書いている場合ではないと思いましたが
    我々のように生き残った者が以前にも増して日々を
    精いっぱい生きることが日本の復興に役立つことと考え
    再び書かせていただきます。

     

    ちなみに私の診療所はアーネスト社長の山口氏の発案のもと
    アーネストアーキテクトの尾高氏の設計によって
    一昨年に完成しました。
    地震の当日大きく揺れるその診療室で仕事中でしたが
    設計時にそのデザイン性とは相いれないほどの
    堅牢な設計をしていただいたおかげで
    本当に安心していられたことには大きな感謝を感じました。
    まるでポルシェのような剛性感を感じたと言えば
    言いすぎかもしれませんが、
    ミシリともせず揺れ続いたのにはびっくりしました。
    今回このブログを通じて私の趣味と仕事の係わり、
    人生における目的についてお話したいと思います。

     

     

    現在私は50歳です。
    私が歯科医師を目指したのは13歳、中学生の時です。
    一人っ子だった私は小さいときから部屋の片隅で
    ぶつぶつ言いながら一人で
    粘土細工をしているのが好きな子供でした。
    今でいうところのfigureのような
    小さなアニメ人形(当時はお化けのQ太郎、鉄人28号)や
    小さな自動車(マッハ号や知る人ぞ知るパーカー氏の運転する
    ペネロープ号)などを何度も何度も作っては
    破壊するを繰り返しておりました。
    両親やその友人たちにその作品を見せると
    皆が一様にすごいとほめてくれるのが嬉しく
    て益々それらの作品の完成度が上がって行きました。
    そのおかげか、最も大脳の活動が高い幼少期に
    指と脳における関連づけが確立された可能性が
    私のその後の人生に大きな影響を与えたことは
    疑いのないことでした。
    とにかく手先の器用な子供という評価を得た私は
    将来の職業選択に芸術系もしくは
    歯科医師のような技術系への思いを巡らすようになります。
    そして中学の時、前述のように歯科医師になろうと思ったのです。

     

     

    現在の歯科医師のイメージは、さほど高くない偏差値の割に
    医師の資格が取れるが高い授業料の割に年収も低く、
    医学部にあぶれた学生の落とし所の様な感じ、
    と言うといいすぎかもしれませんが、まあそんなところでしょう。
    今では医師の平均年収2400万に対し、
    歯科医師の年収970万円と2倍以上に差がつきましたが、
    私が歯科医師を目指した昭和50年当時歯科医師の年収のほうが
    医師のそれを上回った時期があることは意外と知られていません。
    当然、当時の歯学部受験の偏差値も現在より高く、
    医学部の中堅よりも難易度の高い歯学部は何校もありました。
    私の卒業した品川区にある某歯科大学もその一つでした。
    この大学は私立で唯一、医科、歯科、薬科をもち、
    現在では保健医療(看護科,理学療法科)の医系総合大学です。
    私はこの大学の卒業生の東京代表を務めつつ
    日々の臨床を行う開業医です。

     

     

     

    話は突然変わりますが、アニメ、サザエさんのお父様、
    磯野波平氏は何歳だと思われますか?実は彼は54歳です。

     

    現在の54歳は家で着物などきていませんし、
    会社に帽子をかぶっても行きません。
    しかしこのアニメができた昭和40年初頭のころ
    日本人男性の平均寿命は63歳でしたから、
    彼はあと10年で天に召されても不思議は無い年齢なのです。
    彼の口腔内は診たことがないので何とも言えませんが、
    確か頭には毛が一本しか残っていなかった様な気がします。
    おそらく目も悪かったに違いありません。

     

    現在日本歯科医師会で8020(ハチマルニーマルと読みます)運動
    なるものをやっておりますがこれは80歳の年齢時に
    最低20本の歯を残そうということです。
    なぜ20本なのかと言いますとこの本数が
    食事を不自由なく食べることのできる最低本数だからです。
    実際に今80歳の平均残存歯数は7本ですので
    8007というのが現実です。

     

    さて話を磯野波平氏に戻しますが
    当時は寿命が短かったおかげ?で
    死ぬまで噛めずに歯で苦労する人が少なかったのに対し、
    現在は平均寿命の伸びに伴い、食に於いて
    欠かすことのできない歯を失う人の率が高まっているのです。
    そして日本のみならず世界的に
    無歯顎者(歯の一本もない方)の人口が
    爆発的に増えているのです。

     

    歯の状態が健全な読者の皆様には想像もできないことかと思いますが、総入れ歯というものはそんなに具合のよいものではありません。
    咀嚼能率という指標があります。
    それは生のお米を噛んでいただいて
    どのくらい細かくなったかをふるいにかけて
    調べる方法(篩分法)を用いて
    具合が良いと患者様が思っている義歯において調べると
    正常な人の30パーセントが最高の義歯と言われる程度なのです。

     

    義歯安定剤のCMを見るにつけ、あれでごまかしている
    多くの患者さまがたくさんおられることを悲しく感じることがあります。
    現在世界で歯を失った場合の第一選択肢は
    義歯やブリッジ(両隣の歯を削る方法)からインプラント
    という人口の歯根を用いる方法に変わりつつあります。

     

    特にスウェーデンやデンマークではほとんどの患者様が
    インプラント治療によって歯を回復しているのが現実です。
    ちなみに日本では2010年のデータで約20パーセントの歯科医師が
    行うようになりましたが専門的に行っている医院の割合は
    2パーセント未満であります。

     

    実はこの治療は一般的な歯科治療と比べると
    やや難易度が高くすべての歯科医師が行って良いかと言うと
    そうでもない気がする治療方法なので
    この割合は何となく正しい気もするのですが、
    インプラントを行っていない先生にかかっている患者様は
    不幸なことに良く噛めず使い心地も悪い義歯で
    一生を過ごすことになる可能性があるのです。

    次回に続く

    ツꀀhttp://earnest-blog.jp/past/2011/05/

BSフジテレビの取材が入りました。

2014年01月21日 (火)

先日、朝霞診療所にBSフジ「ワッチミー!TV」のテレビ取材が入りました。

IMG_3692

インプラントの中でも特に難症例と言われるザイゴマ(頬骨)インプラント。

その治療法の紹介や、安藤歯科でインプラントを実際に受けた方へのインタビューを取材していただきました。

急なお願いにも関わらず出演を快諾してくださった皆様には深く感謝いたします。

ツꀀこの取材の様子は、2014年1月26日 26:00~26:30 BSフジにて放送されます。

番組を通じて、多くの患者様たちに希望の光を灯せたらと願っています。

 

BSフジ 『ワッチミー!TV』

毎週日曜 26:00~26:30 好評放送中!

http://www.watchme.tv/

「いい歯科インプラント治療医」を選ぶ!&歯科最前線に掲載☆

2013年02月27日 (水)

ただいま発行されております、週刊朝日MOOK「いい歯科インプラント治療医」を選ぶ!2013と、毎日ムック2013歯科最前線に当院が紹介されています。

難症例に対応し、患者様に適したオーダーメイドの治療、一番美しい笑顔を目指す当院の姿を取材していただきました。

また、両誌とも歯科医療の最前線が網羅され、多くの方にガイドブックとなる内容となっています。

ぜひ、本屋さんでそれぞれをお手に取ってご覧になってみてくださいね。


発行:朝日新聞出版/定価:980円(税込)


発行:毎日新聞社/定価:880円(税込)

日本の歯科100選に選ばれました。

2011年12月13日 (火)

この度、編著:日本医院開業コンサルタント協会(JPCA)歯科医院経営研究部会、

監修:歯学博士 朝波惣一郎先生のもと出版されました、「日本の歯科100選」の

歯科医院の一つに選ばれ、認定書を頂きました。

「日本の歯科100選」は、日本全国の歯科医院の中から、厳正な審査により、

患者様の歯科医院選択の一助となれば、という思いから作られました。

ぜひ、一度ご覧になって下さい。

歯科の実力 掲載記事

2008年12月5日 (金)

読売新聞医療情報部編集・「病院の実力」番外編
「歯科の実力」内の特集「最新の歯科医療・インプラント治療」コーナーに
安藤歯科医院が掲載された記事です。以下、抜粋。

歯科の実力 歯科の実力

歯科用CTを駆使して、最先端の術式を安全・確実に提供

安藤歯科医院 東京インプラントセンター・埼玉インプラントセンター

患者さんの負担をいかに軽減するか

歯科医師当院は“患者さんにやさしいインプラント治療”をモットーに、「1回法」「即時荷重」「フラップレス(歯茎を切開しない)」「グラフトレス(骨造成しない)」といった、最新の術式を導入しています。
従来のインプラント手術は、歯茎を切って本体を埋入した後に一度歯茎を縫って、数ヵ月後にインプラントの頭を出す手術を行う「2回法」が主流でした。対して「1回法」では、インプラントの頭を出したままなので、2度目の切開手術が必要ありあません。
フラップレスとは、ドリルで数ミリの小さな穴を開けてインプラントを埋入する最新の術式です。歯茎を切開する従来のインプラント手術に比べ、痛みも腫れもほとんどないので、患者さんの負担は大きく軽減されます。ただしフラップレスを適用するには、高いスキルとCTなどの診断設備が必要です。2回法による切開手術を数千本行った経験がないと、完全な成功は難しいのではないでしょうか。
私はこれまで約6,000本のインプラント治療を行い、過去3年間は9割の方に1回法・フラップレスを適用しています。そして、フラップレスで施術した患者さんのほとんどに、その日のうちに仮歯を入れる「即時荷重」を行っています。手術当日に綺麗な歯が入るうえ、施術時間も非常に短いので、高齢の患者さんにも安全な治療法だと言えるでしょう。

ツꀀ

歯科の実力 掲載記事

骨造成の必要がない「グラフトレス」を実施

骨がない箇所にインプラントを埋め込む場合、通常は骨造成を行いますが、当院では傾斜埋入法を用いることにより、骨造成の必要のない治療「グラフトレス」を実施しています。

このような最新治療には、歯科用CTの存在は欠かせません。術前には患者さんの顎骨の状態や骨質をCTで精密に診断したうえで、使用するインプラントの種類や径、長さ、角度などを決定します。術後も必ずCTでの確認を行います。難しいケースは術中にCTを撮らせていただくこともあります。

全ての歯を失った患者さんを対象とする「オールオンフォー」は、傾斜埋入法を用いて、4本のインプラントで片顎全ての歯を支える治療法です。当院ではオールオンフォーの一つの術式「ティース・イン・1アワー(=1時間で歯を入れられるインプラント治療)」も行っており、入れ歯に不便を感じていた患者さんから大変喜ばれています。

インプラントセンターさらに、上顎の骨が全くない方を対象に、頬骨の中に約5cmのインプラントを入れる「サイゴマ」という治療法も手がけています。これは究極のグラフトレス法で、このシステムを開発したノーベルバイオケア社から日本で施術の認可を受けている先生は十数人に満たないと思います。難しい手術ではあるのですが、これまで「上顎の骨がないから、インプラントは無理だ」と言われていた方への施術も実現しています。

来年春には、埼玉インプラントセンターの建て替えが終わります。広々とした吹き抜けのある明るく開放的な空間が誕生しますので、よりリラックスした状態で治療を受けていただけると思います。

資料請求
各種クレジットカード
各種クレジットカード(東京・埼玉)
コラム
2018年09月23日
歯周病はもはや、歯を失うだけの病気ではなく、体の色々な病気の原因疾患となっている
2018年09月16日
歯がほとんどなくなってしまっている、歯が全然ない、という方にとって最もポピュラー
2018年09月9日
虫歯は甘いものをよく食べる子どもにできやすいイメージがあるかと思います。実際、虫