裏側矯正

裏側矯正

オールセラミッククラウンの治療前と治療後

裏側矯正(舌側矯正)は、従来の装置と違って歯の舌側の歯面にブラケットを着ける治療方法のことです。舌側-ぜっそく- とは歯の舌側の側面のことを指します。

矯正装置を歯の裏側に付ければ、人に気付かれることなく矯正歯科治療を行うことができます。特に職業柄、目立つ装置がつけられない方というには矯正装置が表側からは見えませんので、他人に気づかれずに矯正を行うことができる、埼玉の安藤歯科がオススメする矯正方法の一つです。

舌側矯正の利点

ファイバーコア

1.矯正装置が見えない
2.表側の歯ににダメージがない
3.歯が前に出ている症例では前歯が後退させやすい
4.虫歯のリスクが低い(歯ブラシや定期的な清掃(PMTC)はしっかり行わないといけない)
5.スポーツなどの外傷が少ない(裏側なので頬や唇を傷つけるリスクが少ない)

舌側矯正の欠点

1.料金が割高になる
2.表側よりも治療期間がかかる
3.発音がしにくい(慣れることで改善します)

矯正歯科治療の裏側矯正(舌側矯正)についての無料カウンセリング、無料メール相談を受け付けております。

LINEで送る

Pocket


オールオン4なら東京・埼玉・静岡・神奈川で4医院の安藤歯科医院へ
インプラント専用フリーダイヤル
0120-941-801

月金9:30-19:00 / 火水9:30-18:30
土9:30-15:00 休診:木日祝

お問い合わせ/資料請求

048-462-1800
03-3550-1800
0557-51-3418
0463-62-1801
資料請求
各種クレジットカード
各種クレジットカード(東京・埼玉)
コラム
2018年11月30日
歯周病は歯周病の原因菌が引き起こす感染症です。歯周病は世界で最もかかっている人が
2018年11月23日
歯周病は年齢を重ねるにつれ、自覚し、不調を訴える人が増えてきます。実際、歯周病と
2018年11月16日
歯茎が腫れるというのは、誰でも経験したことがあると思います。歯茎の腫れがひどくて