歯科用CTによる診査・診断

歯科用CTによる診査・診断

歯科用CTによる診査・診断

インプラント治療を行う前の検査として、一般的にはレントゲン撮影による術前診査が行われます。
レントゲン像は全顎的な審査を行うためにはとても有効ですがインプラント治療の術前検査としては完璧なものではありません。

例えば、インプラント手術において危険領域となる神経管や血管の位置や骨幅、骨質などを正確に診査・診断するためにはCTによる精密検査は欠かすことはできません。

CTによる精密検査の結果、最終上部構造装着時のベストポジションの想定や不必要な骨移植・骨造成の回避、そして、フラップレス術式やイミディエイト術式が可能かどうかの判断ができるため、理想的な治療計画がたてられます。

さらに、CTデータを元にしてコンピュータ上でシミュレーションすることができるのも大きな利点といえます。

歯科用CTによる診査・診断  歯科用CTによる診査・診断

このページに関連するキーワード

LINEで送る

Pocket


オールオン4なら東京・埼玉・静岡・神奈川で4医院の安藤歯科医院へ

インプラント専用フリーダイヤル

月金9:30-19:00 / 火水9:30-18:30
土9:30-15:00 休診:木日祝

お問い合わせ/資料請求

048-462-1800
03-3550-1800
0557-51-3418
0463-62-1801
資料請求
各種クレジットカード
各種クレジットカード(東京・埼玉)
コラム
2018年10月17日
虫歯や歯周病というのは細菌による感染症であり、歯の周囲に溜まった細菌の集合体、す
2018年10月10日
オールオン4はインプラント治療の中でも新しい治療法の一つで、ポルトガルの歯科医師
2018年10月3日
インプラントやオールオン4治療を受けて、なるべく自分の歯のように噛めるようになり