コラム

歯茎の腫れは自然に落ち着く?歯茎の炎症を放置してはいけない理由

2018年11月16日 (金)
歯茎が腫れるというのは、誰でも経験したことがあると思います。歯茎の腫れがひどくて痛みがある場合、仕方なく歯医者に行く人もいると思いますが、多少の腫れの場合「まあそのうち引くだろう」と放置することも多いのではないでしょうか。このように歯茎の炎症というのは、少々腫れているくらいだと軽視されがちなのですが、実はこのような小さな腫れが歯周病で歯を失ったり、体の健康状態まで脅かしてしまうことすらあります。歯茎の炎症がどのようなことを意味するのか、見ていきましょう。

歯茎の腫れのほとんどは歯周病

歯周病で歯茎が腫れている女性
歯茎の腫れがある場合、そのほとんどは歯周病が原因になっています。歯周病は子供でもかかるような歯肉炎から、骨が溶かされてしまう歯周炎まで程度は様々ですが、子供や若年者の歯肉炎も決して甘く見てはいけません。子供や若年者の歯肉炎をきちんと対処せずに放っておくと、成人以降に、歯を失う原因となる歯周炎に移行してしまう危険性があるからです。歯周炎は歯を失うだけでも相当怖い病気ですが、歯周病を起こしている細菌や細菌が出す毒素が、血管の中に入りこみ、全身のあちこちで病気を起こすこともわかっています。歯茎の腫れが見られたら、まずは歯医者に行き、治療を受け、家庭でのケアのアドバイスをしっかりともらって、早めに歯茎の腫れを解決して行くことが大切です。

歯茎の腫れがある場合、こんな可能性が

歯茎の腫れがある場合、歯周病以外にも原因があることがあります。

■根尖病巣

根尖病巣というのは、歯根(歯の根っこ)の尖端に病変ができるもので、周囲に膿溜まりを作ってしまっている状態です。原因としては、虫歯の放置や神経を治療済みの歯の内部にばい菌が入ってしまうことが挙げられます。初期の段階では歯根の先端付近の骨が破壊されるだけですが、だんだんと膿の量が多くなるにつれ、歯茎が腫れてくることがあります。この状態を放置していると、強い痛みを出す可能性もありますし、骨がさらに破壊され、歯を抜かなければならなくなる場合もあります。レントゲンを撮ると歯根周囲の骨がなくなっている状態が写し出されることで診断できます。また、歯根の先端付近の歯茎を中心に腫れてきます。早めの根の治療が必要です。

■歯根破折

歯根が破折し、感染が起こると、その周囲の歯茎が全体的に赤く腫れます。激痛が出ることは少ないですが、歯茎を押すと膿が出てくることもあります。ほとんどは神経を抜いた差し歯の状態の歯で起こります。歯根破折を放置すると、感染が広がり骨はだんだん溶かされてなくなっていってしまいます。それゆえ早めの抜歯が必要となります。レントゲン撮影ですぐに破折の状態は判断できます。

■詰め物・被せ物が合っていない

詰め物・被せ物

詰め物や被せ物がぴったり合っていない場合、合っていない部分に汚れや細菌が繁殖し、歯茎が腫れてしまう原因となります。歯磨きをどんなに頑張っても、不適合部分に溜まった汚れは落とすことができないため、歯茎の炎症は続き、だんだんと骨が破壊されてしまいます。早めに合っていない詰め物や被せ物をやり直す必要があります。

■ものが詰まっている

虫歯や歯が欠けてものが詰まった、もしくは歯周病で歯と歯の間が広くなって食べものが詰まった、というような場合、歯茎が歯肉炎を起こして腫れてしまいます。ものが挟まる原因を早急に解決する必要があります。

■エプーリス

エプーリスというのは良性の腫瘤のことで、歯肉腫とも呼ばれます。歯石や合わない補綴物(詰め物や被せ物)、妊娠中の女性ホルモンの急増で起こることがあります。妊娠中に起こるものは自然に消滅しますが、他のものは切除、場合によっては原因となっている歯を抜歯することもあります。

■薬の副作用

高血圧や狭心症の治療薬であるニフェジピンのような薬は、副作用として歯茎の腫脹を起こしてしまうことがあります。歯周病を悪化させてしまうこともあるため、歯の清掃をしっかりと行い、状態によっては薬の継続について内科医と相談することもあります。

■悪性腫瘍

歯茎の腫れが歯周病だと思い込んでいて、歯肉ガンのような悪性腫瘍の場合もあります。ガンはそれほど痛みを出さないケースもあるので注意が必要です。

以上のように、歯茎の腫れといっても、歯周病が全く関係していない場合もあります。歯肉炎の場合には、歯磨きを注意深く行えば歯茎の腫れが引いてしまうことも多いですが、それ以外の場合には、多少腫れが大きくなったり小さくなったり、というようなことはあっても、歯茎の腫れが自然になくなる、ということはほとんどありません。

歯茎の腫れは虫刺されとは違い、放っておいて自然に治るということはあり得ません。歯茎の腫れは異常のサインですから、甘く考えず、特に同じ場所がずっと腫れているというような場合には、早めに安藤歯科までご連絡ください。

LINEで送る

Pocket


オールオン4なら東京・埼玉・静岡・神奈川で4医院の安藤歯科医院へ
インプラント専用フリーダイヤル
0120-941-801

月金9:30-19:00 / 火水9:30-18:30
土9:30-15:00 休診:木日祝

お問い合わせ/資料請求

048-462-1800
03-3550-1800
0557-51-3418
0463-62-1801
資料請求
各種クレジットカード
各種クレジットカード(東京・埼玉)
コラム
2018年11月30日
歯周病は歯周病の原因菌が引き起こす感染症です。歯周病は世界で最もかかっている人が
2018年11月23日
歯周病は年齢を重ねるにつれ、自覚し、不調を訴える人が増えてきます。実際、歯周病と
2018年11月16日
歯茎が腫れるというのは、誰でも経験したことがあると思います。歯茎の腫れがひどくて