コラム

歯周病・虫歯・インプラント・・あらゆるものにとって大敵な「口腔乾燥症」とは

2018年10月31日 (水)
最近口の中がネバネバする、ヒリヒリする、物が飲み込みにくくなってきた、なんだか最近喋りにくい、というようなことはありませんか?もしそうであればお口の中が乾く「口腔乾燥症」かもしれません。実はこの口腔乾燥症の人が、若い世代や女性に年々増えてきていると言われています。口腔乾燥症はただお口が乾いてしまうだけではなく、お口の中に様々なトラブルを引き起こす原因になります。今回は口腔乾燥症について詳しく見ていきたいと思います。

口腔乾燥症とは

口腔乾燥症とは
口腔乾燥症とは文字通りお口の中が乾いてしまうことで、別名「ドライマウス」とも呼ばれています。様々な原因によって唾液の分泌が落ちてしまい、お口の中が乾いた状態になります。お口の中が乾いている状態というのは、唾液で潤っている正常な状態とは違い、思っている以上に様々な不快感や日常生活での不便をもたらします。現在、日本では約800万人もの人が口腔乾燥症にかかっていると推測されています。

口腔乾燥症が引き起こすお口の中のトラブル

口腔乾燥症が引き起こすお口のトラブルとして、次のようなものが挙げられます。

■虫歯・歯周病リスクが高まる

唾液というのは、お口の中の汚れや細菌を洗い流す働きである「自浄作用」、細菌に対抗する「抗菌作用」などを持っています。その唾液がお口の中に満たされていないと、この自浄作用、抗菌作用がうまく働かなくなるので、虫歯菌や歯周病菌が悪さをしやすい状況になります。また、唾液には「再石灰化作用」と呼ばれる、歯を修復する働きも持っています。虫歯菌によって作られた酸で溶かされ始めた歯の表面を唾液の中のミネラル成分が修復してくれる、という働きなのですが、唾液が少ないとこの働きも期待できなくなるので非常に虫歯のリスクが高くなります。

■口臭がひどくなる

唾液がお口の中を洗い流す働きがなくなると、お口の中の細菌が急増し、口臭がひどくなります。

■口の中の粘膜がぴりぴり痛む

唾液にはお口の中の粘膜を保護する働きもあります。唾液が少なくなると、食べ物や歯が触れたりなどの刺激でお口の中の粘膜が傷つきやすくなり、お口の粘膜がぴりぴりと痛むことが多くなります。

■口内炎・口角炎ができやすくなる

唾液が少なくなると、お口の中に傷がつきやすくなり、さらに唾液が少ない環境で増えたお口の細菌によって感染を起こしやすくなり、口内炎ができやすくなります。また、お口の中のカンジダ菌(カビの一種)も増殖し、お口の端が切れてしまう「口角炎」も起こりやすくなります。

■ものが飲み込みにくくなる

唾液は食べたものを消化する働き、そして、噛み砕いたものを飲み込みやすくする働きもあります。そのため、唾液が少ないと、水分の少ないものを飲み込むことが困難になります。

■発音しづらくなる

唾液が少ないと口の中が粘つき、舌もスムーズに動かしづらくなるため、発音がしにくくなります。

■味覚異常を引き起こす

唾液には味を伝える働きもあります。味を感じるためには、舌の表面にある味蕾細胞が、唾液中に溶かされた味の情報を受け取り、その情報を脳に送る必要があるのですが、唾液が少ないとそれがうまく行われなくなります。

■インプラントが早くダメになりやすい

唾液が少ないと、インプラントも早くダメになりやすくなります。それは唾液が少ないと虫歯や歯周病になりやすいというのと同じ理由で、お口の中の細菌が悪さをしやすい状況になるからです。

口腔乾燥症の原因

口腔乾燥症の原因
口腔乾燥症、ドライマウスになってしまう原因は複数あります。唾液線の病気や唾液線に症状を起こす病気というのを別に考えた場合、代表的なものとしては、加齢による唾液線の機能低下、多くの薬に存在する薬の副作用によるもの、アルコール、タバコ、更年期障害に加え、最近ではストレスが原因と考えられる口腔乾燥症も多く見られます。若い人に口腔乾燥症が増えている原因として、このストレスが大きく関係していると考えられますが、そのほかにも可能性として、あまり噛まずに済むような加工食品を摂ることが多くなっていること、そして、パソコンやスマホなどの通信手段の発達により、会話する機会が減り、唾液線があまり刺激されなくなったことなども一因として考えられています。

口腔乾燥症を予防するためには

口腔乾燥症を予防するためには、まず唾液の大切さを認識しておくことが大切です。規則正しい生活、健康的な食事をとる、というような健康的な生活、よく噛む、よく喋るということを実行するだけでも唾液の分泌の改善は期待できますので、まずはそれを意識しましょう。ストレスを溜め込まないよう、適度に気分転換をすることも大切です。また、タバコやお酒は唾液の分泌を減少させてしまいますので、心当たりのある人はなるべく控えめにすることをおすすめします。なかなかお口の乾きが改善しない、という場合は、なんらかの病気が隠れている場合もありますので、一度歯科医師に相談してみることをおすすめします。
LINEで送る

Pocket


オールオン4なら東京・埼玉・静岡・神奈川で4医院の安藤歯科医院へ
インプラント専用フリーダイヤル
0120-941-801

月金9:30-19:00 / 火水9:30-18:30
土9:30-15:00 休診:木日祝

お問い合わせ/資料請求

048-462-1800
03-3550-1800
0557-51-3418
0463-62-1801
資料請求
各種クレジットカード
各種クレジットカード(東京・埼玉)
コラム
2018年11月16日
歯茎が腫れるというのは、誰でも経験したことがあると思います。歯茎の腫れがひどくて
2018年11月9日
インプラント治療が終わったら「やっとインプラント治療が終わった!」と考える人は多
2018年11月2日
インプラントは基本的に永久に持つものではありません。家庭でのケア方法、食生活、生