コラム

ブリッジは歯周病を悪化させやすい?

2018年10月24日 (水)
ブリッジは歯を少数失った場合に行われる治療法で、失われた歯の両隣を削って、橋渡しをするようにつながった冠をかぶせることから、このような呼び名がつけられています。ブリッジは保険がきくため安価で行える、固定式であるため違和感が少ない、治療期間も短いというようなメリットがあることから、少数本歯を失った場合には最も選ばれている治療法ではあります。しかし、いくつかデメリットもあり、安易に選ぶと後に後悔することにもなりかねません。その中でもブリッジは歯周病を悪化させやすいという一面があります。なぜブリッジが歯周病を悪化させやすいのでしょうか?

ブリッジは周囲に歯垢をためやすい

ブリッジは周囲に歯垢をためやすい
ブリッジはその形態が複雑であり、特にブリッジのつなぎの部分をきれいにするのが難しく、歯垢が非常に溜まりやすいのが特徴です。また、被せ物が被っている部分は歯と歯茎の境目に被せ物の縁の部分がくるため、その部分の段差にも細菌が溜まりやすい状態になります。これは入れ歯やインプラントにはない特徴であり、このことがブリッジのかかっている歯を歯周病にしてしまいやすい理由の一つになっています。ブリッジを長持ちさせようとするならば、周囲の歯垢を、歯ブラシだけでなく、歯間ブラシやデンタルフロスなどの補助清掃器具も併用して、毎日徹底的に落とすようにしなければなりません。そうでなければ、たちまち歯周病菌にやられて歯周病にかかってしまうでしょう。

ブリッジは必要以上の力がかかりやすい

ブリッジの場合、失った歯の部分の力を両隣の歯が負担しなければならないため、両隣の歯には通常以上の力がかかることになります。歯というのは、強い力がかかりすぎると歯を支えている周囲の組織がダメージを受け、周囲の骨が吸収して下がっていってしまいます。歯周病の炎症が起こっているところに強い力がかかると、あっという間に骨の吸収が進んでしまいますので、ブリッジはこういった点から言っても、歯にとってあまり優しくない治療法であると言えます。また、歯に必要以上の力がかかると、支えている歯が折れてしまい、抜かなければならなくなることもあります。このように、ブリッジは歯を次々にダメにしてしまう元凶になりうるものです。

ブリッジは揺さぶられやすい

ブリッジは複数の歯を連結して固定します。これ自体は歯がしっかりと固定されるため、問題なく噛むこともできて良いのですが、もしブリッジを支えている歯が歯周病にかかってしまって揺れてきた場合、もう一方の歯もそれと一緒に揺さぶられ、揺さぶられ続けているうちに歯周病が悪化し、道連れになってしまうことがあります。

インプラントと比べた場合のブリッジのデメリット

インプラントと比べた場合のブリッジのデメリット
少数の歯を失ったケースで、保険でブリッジができるケースの場合は特に、多くの人がブリッジにするか、インプラントにするかで迷います。どちらも失われた部分を噛めるようにする治療ではありますが、両者は全く違う治療法で、それぞれにメリット・デメリットがあります。インプラントと比べてブリッジのデメリットというのはどのようなところにあるのでしょうか?

■健全な歯をたくさん削らなければならない

ブリッジの最大のデメリットとも言えるのが、この「ブリッジを支える歯をたくさん削る」というところです。ブリッジを入れるためには歯に被せ物をしなければなりませんので、そのためには健康な部分であってもたくさん削る必要があるのです。歯の傾きなどによっては中の神経を抜かなければならなくなることも珍しくありません。これは歯にとってかなり大きなダメージであると言えます。その点インプラントは全く周囲の歯を削る必要がありません。

■支える歯が虫歯や歯周病にかかりやすい

ブリッジが歯周病になりやすいことは先に述べましたが、それだけでなく、ブリッジは虫歯にかかるリスクをも高めてしまいます。ブリッジは歯をたくさん削って被せ物をしますが、被せ物をしたところというのは、いずれ被せ物と歯の隙間から細菌が入り込み、虫歯になってしまう危険性があります。

■審美性に問題が出ることがある

ブリッジは、保険のものを選んだ場合、奥歯の場合は銀歯になってしまいます。前歯の場合には白いものが選べますが、前面がプラスチックの素材になるため、経年的黄ばんで見た目が悪くなってしまいます。

■歯を失った部分の骨が吸収して痩せてしまう

ブリッジの場合、歯を失った部分はその上部にダミーの歯が来ると言っても、実際その部分の歯茎や骨には何の刺激も伝わりません。刺激の加わらなくなった部分の骨は吸収してやせていってしまいます。

■口臭の原因になりやすい

ブリッジのお手入れは複雑で、よっぽど丁寧に行わなければ歯垢がブリッジにこびりついた状態になりがちです。ブリッジを入れている人のほとんどは、ブリッジに歯垢が溜まっていますが、これは口臭となってしまっている可能性があります。ブリッジが入っている方、もしくはこれから入れる予定の方はよく注意しておきましょう。

ブリッジかインプラントか選ぶ際には、以上のことも考えてじっくりと検討した上で治療法を選ぶことをおすすめします。

LINEで送る

Pocket


オールオン4なら東京・埼玉・静岡・神奈川で4医院の安藤歯科医院へ
インプラント専用フリーダイヤル
0120-941-801

月金9:30-19:00 / 火水9:30-18:30
土9:30-15:00 休診:木日祝

お問い合わせ/資料請求

048-462-1800
03-3550-1800
0557-51-3418
0463-62-1801
資料請求
各種クレジットカード
各種クレジットカード(東京・埼玉)
コラム
2018年11月16日
歯茎が腫れるというのは、誰でも経験したことがあると思います。歯茎の腫れがひどくて
2018年11月9日
インプラント治療が終わったら「やっとインプラント治療が終わった!」と考える人は多
2018年11月2日
インプラントは基本的に永久に持つものではありません。家庭でのケア方法、食生活、生