コラム

入れ歯っぽくならない?オールオン4の見た目の審美性は?

2018年07月16日 (月)
オールオン4は、歯の残り本数が少ない方、総入れ歯の方、歯が残っていても歯周病で歯を抜かなくてはいけない方に向けた治療です。オールオン4は、インプラントの治療法のひとつであることをご存知でしょうか。オールオン4は従来のインプラントと同様に、顎の骨にインプラントを埋め込む方法です。従来のインプラントでは、1本のインプラントに対して1つの被せものを固定する方法ですが、オールオン4は4本のインプラントですべての被せものをひとまとめにしたものを固定する方法です。

すべての被せものをひとまとめにしたものとは?

すべての被せものをひとまとめにしたものとは?
オールオン4の「被せもの」というのは、総入れ歯のようなものをイメージしてください。総入れ歯のような被せものが4本のインプラントによって固定されている、それがオールオン4なのです。総入れ歯の場合では、見た目の審美性にほぼ問題はありません。ではオールオン4では見た目の審美性はどのように変化するのでしょうか。

オールオン4は見た目の審美性に影響を与えない

総入れ歯を長期間装着されている方に多いのが「加重による骨の吸収」です。骨の吸収は歯周病でも起こります。骨の吸収がおこった顎は、歯茎が下がり段差があるように見えます。総入れ歯の場合、ピンク色の歯肉のようなものがきれいに再現されていますよね。オールオン4の被せものにも歯肉の部分を再現することができます。

オールオン4なら安定性が抜群!

オールオン4なら安定性が抜群!
総入れ歯の方の悩みの種になっている多くが、「総入れ歯の安定性の悪さ」です。総入れ歯は、骨や歯茎、お口の中やお口の周りの筋肉によって支えられています。しかし数年経つと、総入れ歯を支えている組織は変化していきます。組織が変化すると総入れ歯は安定性が悪くなり、話すときやお食事中などお口を動かす際に総入れ歯が動揺してしまいます。オールオン4では入れ歯のような被せものがインプラントに固定されます。そのため、今まで総入れ歯の安定性が悪かった方でもお口を動かしたときに安心して使っていただける方法なのです。

審美性で選ぶならオールオン4が一番!

総入れ歯を使う予定の方や、現在総入れ歯の方にオールオン4はおススメの治療法です。なにより、インプラントと被せものがすべて連結されているため、見た目の審美性は非常に良いです。見た目が入れ歯っぽくなることはありません。インプラントを検討中の方はぜひともオールオン4の治療を試されてはいかがでしょうか?
LINEで送る

Pocket


資料請求
各種クレジットカード
各種クレジットカード(東京・埼玉)
コラム
2018年10月17日
虫歯や歯周病というのは細菌による感染症であり、歯の周囲に溜まった細菌の集合体、す
2018年10月10日
オールオン4はインプラント治療の中でも新しい治療法の一つで、ポルトガルの歯科医師
2018年10月3日
インプラントやオールオン4治療を受けて、なるべく自分の歯のように噛めるようになり