コラム

患者の負担を最小限に抑えたオールオン4

2018年05月21日 (月)
オールオン4という歯科治療をご存知でしょうか?歯周病や虫歯などで、歯を多く失ってしまった方にお勧めの治療法であるオールイン4ですが、インプラント治療に比べて、精神面、経済面での負担が少なく済み、治療期間も大幅に短縮することが可能です。では、そもそもオールイン4とはどのようなものなのでしょうか。

体への負担が少ない

体への負担が少ない
すべての歯を失った方に対する治療法には、総入れ歯、オールイン4、すべてインプラントにするという選択肢があります。総入れ歯であれば、咀嚼力が弱く違和感もあり、自然の歯と同じようにものを食べるというのは出来なくなってしまいます。すべてインプラントにするという方法は審美面でとても優れていますが、費用も掛かり、数カ月間治療に当たらなければならないというデメリットも含んでいます。もちろん、手術の痛みや腫れもあるので、患者さんへの負担はとても大きいものでしょう。でも、オールイン4であれば、必要最低限の上下4本ずつのインプラントを埋め込み、残りはブリッジを使用していくので、1日で治療を行うことが可能なのです。そして、インプラントの本数も少なくて済むので、腫れや痛みが大きく軽減されるというメリットがあります。審美性に優れていて経済的にも優しいだけでなく、体への負担が少ないことは嬉しいことですね。

治療にかかる時間とは

オールイン4の治療は、インプラントの数を最小限に減らしていますので1日で終了することが可能です。治療の流れとしては、歯医者さんとのカウンセリング、診察、検査を行い、治療が可能であれば手術という流れになっていきます。ただ、口の中の状態によっては、すぐに手術を行うことが出来ない場合がありますので、そのときには前処置をして、口の中の環境を整えていくことが必要です。痛みや腫れも少ないので、手術当日から通常通り食事をすることが可能です。その後は定期的に歯医者さんに通い、毎日のケアをしっかりと行っていきましょう。

メンテナンスの方法

メンテナンスの方法
治療が終われば、まるで自分の歯を取り戻したような感覚になると思いますが、重要なのは、せっかく入れたオールイン4をいかに維持していくかということです。上記でお伝えしたとおり、定期的に歯医者さんに通うのはもちろんですが、きちんとした手入れをしなければ長い間使い続けることは出来ません。歯ブラシやデンタルフロスを使い、歯医者さんから受けた指導をしっかりと守ってケアしていきましょう。
LINEで送る

Pocket


資料請求
各種クレジットカード
各種クレジットカード(東京・埼玉)
コラム
2018年08月17日
インプラントもブリッジも、歯を失った場合にその部分を補う治療として行われる治療法
2018年08月10日
歯磨きをしていて血が出た、という経験は誰にでもあると思います。たまの出血であれば
2018年08月3日
オールオン4は従来のインプラント治療と違い、少ない本数のインプラントで全体的に噛