コラム

インプラントの寿命が長持ちするメンテナンスの仕方

2017年02月6日 (月)
インプラントには寿命があるとこをご存知ですか?せっかく手術によって埋め込んだインプラント、トラブルなく、ずっと長く使い続けられた方がいいですよね。では、インプラントの寿命を延ばすためにはどのようなメンテナンスが必要なのでしょうか。ここでは、メンテナンスがなぜ必要なのか、そしてその方法と費用感などをまとめてご説明していきます。

なぜメンテナンスが必要なのか

なぜメンテナンスが必要なのか
まず、インプラントをしっかりメンテナンスしていないで起こるトラブルを知っておきましょう。インプラントには、実は歯垢がたまりやすいのです。これがたまり続けていくと、インプラント周囲炎という状態を引き起こします。このインプラント周囲炎が発生し進行すると、インプラントを支えている歯垢骨に悪影響を与え、インプラントが抜け落ちるという事態を引き起こしてしまいます。手術と安くない金額でせっかく入れたインプラント、しっかりメンテナンスすることが重要なのです。

メンテナンスの方法

それではメンテナンスの方法ですが、まず定期的に歯科医院に行って検診を受けることが必要です。一般的な目安としては3か月の1回程度、それ以降は年に1~3回ほどで十分です。実際には、専門家の視点から「インプラントと人口歯の連結の不具合がないか」、「インプラント周囲炎に見られる初期症状がないか」、「噛み合わせが問題ないか」、「レントゲン撮影によって周囲の骨の状態から歯槽骨の炎症や骨吸収の状況」などを確認してもらうことでインプラント手術後の問題の早期発見に繋がるのです。特に、インプラント周囲炎は、初期の自覚症状がないため、専門家による定期的な確認作業が重要なのです。

自宅でのメンテナンスも重要

自宅でのメンテナンスも重要
歯科医院での検診と同じぐらい重要なのが、日々のメンテナンスです。歯医者さんにブラッシングの指導をしてもらい、歯磨きの癖や、汚れがひどかったり落ちにくかったりしている部分を中心に、効果的な歯の磨き方を理解し、実行しましょう。通常の歯ブラシに加え、歯間ブラシ、デンタルフロス、ワンタフトブラシなどの道具を使い、十分に時間をかけて歯を大切に磨いてあげることが重要です。

まとめ

インプラントは入れ歯のように、取り出して洗浄をすることができません。毎日のメンテナンスを怠ると、極端な例では、数年で寿命を迎えてしまい、再手術が必要になってしまったりします。インプラントに異常が起きたら、無理に使い続けず、周りの健康な歯にも悪影響を及ばす前に、しっかり医師に相談、適切な治療を受けるようにしましょう。

LINEで送る

Pocket


資料請求
各種クレジットカード
各種クレジットカード(東京・埼玉)
コラム
2018年08月17日
インプラントもブリッジも、歯を失った場合にその部分を補う治療として行われる治療法
2018年08月10日
歯磨きをしていて血が出た、という経験は誰にでもあると思います。たまの出血であれば
2018年08月3日
オールオン4は従来のインプラント治療と違い、少ない本数のインプラントで全体的に噛