コラム

オールオン4で安定した歯を手に入れる

2016年10月17日 (月)
審美的なナチュラル感が魅力で、従来のインプラント治療よりも少ない本数で全体の歯を安定させるオールオン4。総入れ歯の人が少ない本数のインプラントでどのように歯を安定させることが可能なのでしょうか。

これまでのインプラント技術

これまでのインプラント技術
従来、総入れ歯の人や極端に歯が少なくなってしまった人がインプラント治療を行う場合、10本~14本のインプラントを埋め込む必要がありました。本数が多ければ多いほど手術時間は長く、術後の腫れも大きいので日常生活に支障が出たり、費用もかさんだりなど、患者側の負担が大きいものでした。骨が薄い人はそもそも手術を断念するか、大掛かりな骨の移植手術をしないとインプラント治療を行えませんでした。

オールオン4の開発

最新の研究により開発されたオールオン4は、4本?6本という必要最低限のインプラントの埋め込みで、上下全ての歯を支えることができるようになりました。手術時間も縮小されたことで術後の腫れも少なくなり、その日のうちに普段通りの食事や会話を楽しむことが可能になりました。本数が少ないことで費用の負担も軽減されます。さらに他の歯にもよく馴染む審美的な自然さがあり、見た目の違和感がありません。手術するのに入院の必要がないのも嬉しいメリットの一つです。

治療の流れ

治療の流れ
オールオン4は、インプラントを骨のある部分へ斜めに埋め込むことで力を均等に分配されることで安定し、少ない本数のインプラントで全ての人工歯を支えることが可能です。埋め込むインプラントの本数は、歯科医院にて手術前の検査で骨の状態をレントゲン写真で撮影し、患者に合った最適な本数を決めて治療プランを立てます。口の中の型取りをして噛み合わせを確認し、術後の仮歯を予め作成します。手術では、抜歯が必要な場合は抜歯をし、歯茎を切開してインプラントを埋め込んでいきます。術後はしばらく休憩したあとに仮歯を装着し、その日のうちから物を噛むことができます。最終ブリッジの交換と取り付けは、約6ヶ月後に行います。

オールオン4のお手入れ

手術を受けた後は、しばらくインプラントへの負担を軽減するために食事の際に硬いものはなるべく避けましょう。歯磨きは、基本的には4本のインプラントだけで充分ですが、歯磨き以外にも流水タイプの清掃器具を一緒に使用することによりスッキリした感じを保てます。
まずは安藤歯科でオールオン4治療ができるかどうか、お手入れ方法などの相談をしてみましょう。

LINEで送る

Pocket


資料請求
各種クレジットカード
各種クレジットカード(東京・埼玉)
コラム
2018年08月17日
インプラントもブリッジも、歯を失った場合にその部分を補う治療として行われる治療法
2018年08月10日
歯磨きをしていて血が出た、という経験は誰にでもあると思います。たまの出血であれば
2018年08月3日
オールオン4は従来のインプラント治療と違い、少ない本数のインプラントで全体的に噛