コラム

たばこは歯周病を5倍悪化させる…その他歯周病改善方法

2016年10月10日 (月)
たばこが歯周病を5倍悪化させてしまうことを、ご存知でしょうか。歯科医院などにあるポスターなどで、喫煙者が口を開けると、歯がボロボロになっていて、抜け落ちてしまっているというような写真を見たことがあるでしょう。とても怖いです。歯周病が悪化した結果、あのような姿になってしまったのですが、その原因について分かりやすく解説していきたいと思います。

たばこが歯周病を5倍悪化させる事実がある

たばこが歯周病を5倍悪化させる事実がある
喫煙が体に悪影響を及ぼすということは、誰もが耳にしたことがあるでしょう。たばこの物質というのは、歯周病を悪化させ、口の中の全てをも腐らせる傾向があります。たばこに含まれるタールが歯の汚れをつきやすくし、唾液が出ない状態となりますので、口の中が不潔な状態となってしまうのです。口の中が乾燥すると、雑菌が湧きやすくなってしまいます。口の中を健康にしたいのであれば、舌をたくさん動かした方が良いという言葉を聞いたことはないでしょうか。なぜ舌を動かすのかというと、舌を動かせば、唾液が出るからです。唾液というものは人間の口の中で雑菌を増やさないための大切な存在なのです。そして、体内にニコチンを含んでしまうと、免疫力が低下してきます。その結果、体が雑菌に弱く、まともな栄養を供給することができませんので、結果的に歯が抜け落ちてしまいボロボロになるということです。
次は、歯周病を改善するために、行った方が良いことについて解説していきます。

歯周病を改善するために、今すぐに実行すること

歯周病を改善するために、今すぐに実行すること
歯周病によって歯科へ通いたくないのであれば、生活習慣を見直さなければなりません。まず、行うべきことは、野菜と果物を多く摂取する生活を心がけてください。体の本来の能力を呼び出すためには、野菜と果物だけをとる、ベジタリアンの生活を送くってみるのもよいでしょう。食生活を見直すことで歯周病というものは、非常に改善されます。これによって、健康的な歯とその土台を作成することができます。
たばこを吸っているひとの口臭は、本人が思っている以上にきつく、自分の意思に反して周りの人の迷惑になってしなっていることも。歯周病を改善するためにも、たばこをやめてみましょう。たばこをやめた後は、ウォーキングなど運動を行うことで、体を健康的に保つことを心がけて、生活習慣を見直していきましょう。
そして、もちろん正しい歯磨きを行うことができれば、歯周病を改善することができます。


LINEで送る

Pocket


資料請求
各種クレジットカード
各種クレジットカード(東京・埼玉)
コラム
2018年08月17日
インプラントもブリッジも、歯を失った場合にその部分を補う治療として行われる治療法
2018年08月10日
歯磨きをしていて血が出た、という経験は誰にでもあると思います。たまの出血であれば
2018年08月3日
オールオン4は従来のインプラント治療と違い、少ない本数のインプラントで全体的に噛