コラム

歯周病が犯す骨への影響

2016年09月26日 (月)
誰もが一度は耳にしたことはある歯周病ですが、歯周病は骨に対して大きなリスクを及ぼすことをご存知でしょうか。ただ単に歯ぐきが腫れたり、血が出たりするだけの症状だと軽視していると、痛い目にあってしまいます。

歯周病とはどんなもの?

歯周病とはどんなもの?
歯周病が起こる原因には様々なものがありますが、代表的なのは細菌の繁殖によるものです。食後に歯を磨かなかったり、磨き残しなどがあると、プラーク(歯垢)という細菌が歯と歯ぐきの間の溝に溜まってしまいます。この状態が続くと、歯ぐきが炎症を起こし、歯周病が進行していくわけです。歯を磨いた時に歯ぐきから血が出るといったシグナルはあるものの、虫歯とは違い、初期段階では痛みを伴わないため、自身が病気であることに気付きにくい生活習慣病です。しかしながら実は、人類史上最も罹患者数の多い感染症として、ギネス・ワールド・レコーズに掲載されているのだそうです。これは他人ごとではなさそうです。

歯周病が骨に及ぼすリスク

歯周病が骨に及ぼすリスク
プラークを放置してしまうと、やがてそれは歯石となり、歯磨きでは対応できなくなるため、歯医者さんにかかる必要があります。この段階までくると、もうイエローライン。歯ぐきの炎症がさらに広がり、口臭がきつくなったり、歯がぐらついてきたりするため、いよいよ日常生活に支障をきたします。なお、以上のような症状は、体の免疫機能が落ちていると、一層進行しやすくなってしまうため、ストレスや喫煙などには十分注意したいところです。
そしてさらに恐ろしいのは、炎症が生じた歯に深刻なダメージが及んでいるのはもちろんのこと、周囲の骨も、少しずつ溶けはじめていることです。歯周病の末期に至っては、歯を支えている骨が溶けていき、最終的には大切な歯が抜け落ちてしまいます。もちろん周囲の歯がバランスを保てなくなり、歯がボロボロになっていくのは時間の問題。失った骨や抜けてしまった骨を取り戻すためには、大掛かりな手術が必要になってしまいますので、そうなる前に手をうつことが肝心です。
歯周病のリスクを減らす上で最も大切なことはやはり、日々のブラッシングを適切に行うこと。プラークを残さない歯磨きのポイントは、ブラシの毛先が広がらないくらいの緩めの力で、歯と歯ぐきの境目にあてがい、歯を1~2本ずつ磨くイメージで、小刻みに20回以上動かすこと。プラークは、口の中を水でゆすいだだけでは除去できないため、食後の歯磨きはマストです。
以上をきちんと励行していても油断は禁物です。もし少しでも歯ぐきなどに異変を感じたらすぐ、安藤歯科で診察を受けるようにしましょう。

LINEで送る

Pocket


資料請求
各種クレジットカード
各種クレジットカード(東京・埼玉)
コラム
2018年08月17日
インプラントもブリッジも、歯を失った場合にその部分を補う治療として行われる治療法
2018年08月10日
歯磨きをしていて血が出た、という経験は誰にでもあると思います。たまの出血であれば
2018年08月3日
オールオン4は従来のインプラント治療と違い、少ない本数のインプラントで全体的に噛