コラム

本来の歯の噛み心地をもう一度再現できる「インプラント」

2016年08月8日 (月)
歯を失った場合の歯科治療の方法として、保険が適用できる入れ歯やブリッジが主流といえます。しかし、元の健康的な歯と大きく違い、噛む力が衰えたり、噛むことで他の歯に痛みが出るというデメリットもあります。こういったことにならないためにも、普段から歯のお手入れをしっかり行い、健康的な歯をいつまでも保ち続けていたいものですが、もしも歯を失ってしまったら、もう元通りの歯の状態に戻すことはできないのでしょうか。今回は、歯を失ってしまっても本来の状態に近づける治療法、インプラントについてご紹介したいと思います。

インプラント最大のメリットは元の歯に近い噛み心地を再現できること

インプラント最大のメリットは元の歯に近い噛み心地を再現できること
入れ歯をした方が一番苦労されるのが、硬い食べ物を噛むときです。入れ歯の場合、噛む力は元の歯の半分程度にまで落ちてしまうので、歯を失う前と同様に食事を楽しむことができなくなることがあります。その点、インプラントの場合は、あごの骨に直接人口の歯の根(インプラント)を埋め込み、そこに人工の歯を被せます。インプラントがしっかりと顎の骨と結合するため強度もあるので、さも自分の歯であるかのような噛み心地が再現できるのです。それまでの健康な歯のときと同様に食事が楽しめます。

インプラント治療後のお手入れ

入れ歯にされた方は、入れ歯を取り外して洗浄する手間がかかります。また、入れ歯に食べ物が挟まったまま放置しておくと、口の中が不衛生になりやすいというデメリットがあります。また、ブリッジの場合も同様に、ブリッジをかぶせる健康的な歯の部分に汚れがたまりやすく、歯とブリッジの隙間から虫歯になりやすいというデメリットがあります。その点、インプラントの場合は、入れ歯のような取り外しの心配はなく、食べ物のカスが隙間に入ることもありません。元の歯と同様に毎日歯磨きを行って健康的な状態を保っていれば問題ありません。しっかりとメンテナンスを行っていれば、半永久的に使えるという大きな特徴があるのもインプラントのメリットといえます。

まとめ

健康的な歯を取り戻したい
インプラント治療は、入れ歯やブリッジと違い、歯がずれたり、お手入れが面倒ということがありません。噛む力も均等に保つことができ、元の歯と同じ様な状態を再現できるので、健康的な歯を取り戻したいという方には一番の治療法といえます。特に、お食事を以前のように楽しみたいという方は、食べ物の噛み心地も元通りにできるインプラント治療を検討してみてください。



LINEで送る

Pocket


資料請求
各種クレジットカード
各種クレジットカード(東京・埼玉)
コラム
2018年08月17日
インプラントもブリッジも、歯を失った場合にその部分を補う治療として行われる治療法
2018年08月10日
歯磨きをしていて血が出た、という経験は誰にでもあると思います。たまの出血であれば
2018年08月3日
オールオン4は従来のインプラント治療と違い、少ない本数のインプラントで全体的に噛