コラム

天然の歯と同じ感覚で噛める!インプラントの特徴とは?

2016年06月20日 (月)
入れ歯や差し歯、ブリッジなど、インプラント以外にもいろいろな義歯治療がありますが、その中でもインプラントの特徴とは一体何なのでしょうか。選ばれるのにはワケがある。今、安藤歯科で選択しているインプラント治療には、他の義歯治療にはない大きな特徴があるのです。

インプラントがもつ特徴

インプラントがもつ特徴
インプラント治療は、歯茎から骨の部分に人工歯根(インプラント)を埋め込みます。ネジのようになっていて、術後時間が経つと骨と結合するようにつくられています。人工歯根が骨と結合することによって、ぐらつきのない頑丈な土台ができあがります。埋め込んだ人工歯根に、人工歯を固定することで、しっかりとした義歯が完成するというわけです。つまりは、入れ歯や差し歯のようにはめたり留め具でつけるのではなく、骨の部分からしっかりと支える歯科治療がインプラントというわけです。土台が硬く固定されているので、噛んだ際にぐらついたり、ふとした拍子に義歯がとれてしまうといったことがないのは、インプラントの大きな特徴と言えます。

インプラントはしっかり噛める

インプラントで噛んだ時の感触は、天然歯(=自身の本来の歯)で噛んだ時とほぼ変わりありません。見た目も、義歯だとはわからないほどきれいに並んだ歯になりますし、噛み合わせが良くなかったという方であれば、インプラント治療をすることで噛み合わせを治すこともできます。入れ歯の場合、噛む力は天然歯の1/2~1/3になってしまうと言われています。それだけ力が入りにくく、また伝わりにくいということです。インプラントなら、天然歯とほぼ同じ力で噛むことができます。力も均一に伝わるので、周囲の歯に極端な負荷がかかることもありません。部分入れ歯やブリッジだと、両隣りの歯や周囲の歯に極端に力が入って負担となり、将来的に抜けてしまうということも起こり得ますが、インプラントの場合はその心配はありません。

インプラントは食事を楽しむことができる

インプラントは食事を楽しむことができる
インプラントなら、力が均一に加わって、しっかりと噛むことができるので、硬いものも粘り気のあるものも、よく噛み味わって食べることができます。部分入れ歯のように、留め金に食べ物が挟まって不快な思いをすることもありません。天然歯と同じような感覚で噛み、味わい、食事を楽しむことが出来るのです。口の中での違和感や痛みももちろんありません。その他の天然歯と同じように、ごく自然な状態を保つことができます。食事の際、違和感や不快感があると美味しい料理も楽しめなくなってしまいますよね。せっかくの食事ですから、存分に味わって、楽しみたいものです。インプラントなら、それが叶えられる、これはとても大きな特徴ではないでしょうか。



LINEで送る

Pocket


資料請求
各種クレジットカード
各種クレジットカード(東京・埼玉)
コラム
2018年08月17日
インプラントもブリッジも、歯を失った場合にその部分を補う治療として行われる治療法
2018年08月10日
歯磨きをしていて血が出た、という経験は誰にでもあると思います。たまの出血であれば
2018年08月3日
オールオン4は従来のインプラント治療と違い、少ない本数のインプラントで全体的に噛