コラム

実は成人の80%が歯周病にかかっている!

2016年05月1日 (日)
スーパーやドラッグストアなどでは、「歯周病対策!」というキャッチコピーの歯磨き粉やデンタルリンスがたくさん並んでいますよね。歯ぐきが腫れたり、歯がグラグラしたりなんてよく聞きますし、「なんだか怖い病気なんだろうな。」とは思うものの、実のところよくわからない方も多いのでは?なんだか怖いではなく、本当にこわい病気なのでしっかり覚えてくださいね。

歯周病ってどんな病気?

歯周病ってどんな病気?
簡単に説明すると、歯ぐきが炎症を起こし内部まで進行すると、最終的に歯を支えている歯槽骨というものも溶かしてしまい、歯が抜けてしまうという病気です。しかも、人が生涯で歯を失ってしまう原因は、虫歯を抜いて第1位。これだけでも恐ろしのですが、さらに恐ろしいのは、歯周病は“治すことができない”ということ。「え!?じゃあ一度なったらどうすることもできないの?」ととても心配になりますが、歯医者さんで治療を行うことで病気の進行を食い止めることはできるので、早期発見・早期治療が重要なのです。

わたしは大丈夫!なんて思ってませんか?

毎日3回歯を磨いているし、歯ぐきの腫れもないし、歯周病の問題はなさそう!と思っているそこのあなた、本当に大丈夫でしょうか。実は、日本人の成人の80%以上が歯周病にかかっているといわれています!歯周病の初期段階は、自覚症状がほとんどないので気がつかないのです。

歯周病は生活習慣病のひとつ

歯周病は生活習慣病のひとつ
歯周病は日本人の国民病で、糖尿病や高血圧などの生活習慣病のひとつです。自覚症状がほとんどないため、気づかずに進行してしまうことが多い病気のことを「サイレント・デジーズ」と呼びますが、歯周病などの生活習慣病はまさにこれにあたり、気がついた時にはかなり進行してしまっていることが多いこわい病気なのです。

歯周病になりたくない!どうすればよい?

まず、歯周病の可能性があるかどうかチェックしてみましょう。

・歯ぐきが赤い気がする
・歯磨きをしていると血が出る
・口臭が気になる
・さわってみると歯がグラグラする
・さわってみると、歯ぐきがブヨブヨしている
・歯の間にものが詰まりやすくなった
・以前より歯が長くなった気がする

この中で1つでも当てはまるものがあれば、歯周病の可能性があります。症状によって初期段階なのか、かなり進行しているのかは違いますが、病状を和らげ、食い止めることができますので、早いうちに安藤歯科で相談されてください。

当てはまらなかった方も油断は禁物。初期段階での自覚症状はほぼありませんから、もしかすると歯周病が潜んでいるかもしれません。最近、歯医者さんへはいつ頃行かれましたか?3ヶ月以上行っていないな、という方は、是非歯科検診を受けてみてください。歯周病は、早期発見・早期治療がとても重要です。早速安藤歯科へご予約を!

LINEで送る

Pocket


オールオン4なら東京・埼玉・静岡・神奈川で4医院の安藤歯科医院へ
インプラント専用フリーダイヤル
0120-941-801

月金9:30-19:00 / 火水9:30-18:30
土9:30-15:00 休診:木日祝

お問い合わせ/資料請求

048-462-1800
03-3550-1800
0557-51-3418
0463-62-1801
資料請求
各種クレジットカード
各種クレジットカード(東京・埼玉)
コラム
2018年11月16日
歯茎が腫れるというのは、誰でも経験したことがあると思います。歯茎の腫れがひどくて
2018年11月9日
インプラント治療が終わったら「やっとインプラント治療が終わった!」と考える人は多
2018年11月2日
インプラントは基本的に永久に持つものではありません。家庭でのケア方法、食生活、生