コラム

想像以上の白い歯を手に入れるための“セラミック治療”

2016年02月29日 (月)
「芸能人は歯が命」というコマーシャルがその昔流行しましたが、美しい歯並びと白い歯は、芸能人でなくとも永遠の憧れです。でもなぜか、自分の歯は黄ばんでいるという人はいませんか。

歯の色は人それぞれ

歯の色は人それぞれ
エナメル質の色は人それぞれなので、「白い歯」といっても同じ色の歯を持つ人は一人としていません。歯が黄ばむ原因には、喫煙によるヤニの付着やお茶のカフェイン、加齢によるものも考えられますが、残念ながら生まれつき黄色がかっているという人もいます。
人間の歯は、黄色っぽい象牙質を半透明の白色のエナメル質がおおっているので、このエネメル質によっては、中の象牙質が透けて黄ばんで見えるのです。

歯を白くする方法はいろいろある!

歯を白くする方法として、歯医者で歯垢や歯石などの汚れを取り除く「クリーニング」や、薬剤を塗布して歯を漂白する「ホワイトニング」があります。ただ、クリーニングではもともと持っている歯の白さ以上に白くすることはできません。
また、ネイルのように歯に白い専用のマニキュアを塗って白く見せることもできますが、恒久的なものではありません。

芸能人やモデルに人気のセラミック製差し歯やインプラント

芸能人やモデルのように、見た目が仕事に影響するという立場の人は、自然な歯を生かすのではなく、インプラントや差し歯で白いきれいな歯並びを手に入れることがあります。
差し歯やインプラントでは、自身の歯を削って人工的な土台を作り、歯列を整えてから被せものをし、自然に見えるように整えていきます。とくに見た目にこだわる芸能人やモデルなどは、オールセラミッククラウンのかぶせものを好むことが多いようです。オールセラミッククラウンは、クラウンの素材全てにセラミックのみを使用します。あまり歯ばかりが白すぎると不自然ですが、セラミックなら、自然なツヤや透明感があるので、自身の歯とほとんど見分けがつかない仕上がりになります。表面を削って、自然なグラデーションをつけることもできます。
また、プラスチックよりも耐久性があり、歯周病などに気をつければ、恒久的に装着することが可能です。

セラミック製は保険の適用範囲外

セラミック製は保険の適用範囲外
審美歯科でのセラミック素材の差し歯やかぶせものは、残念ながら健康保険の適用外になります。しかし、医療費控除の対象になるので、申告すれば自己負担は10万円程度で済む可能性があります。
ホワイトニングでは満足いかないという方、生まれつき歯が黄ばんでいるのが悩みと言う方は、白い歯を手に入れるためにセラミック製のインプラントという選択もあります。
LINEで送る

Pocket


資料請求
各種クレジットカード
各種クレジットカード(東京・埼玉)
コラム
2018年08月17日
インプラントもブリッジも、歯を失った場合にその部分を補う治療として行われる治療法
2018年08月10日
歯磨きをしていて血が出た、という経験は誰にでもあると思います。たまの出血であれば
2018年08月3日
オールオン4は従来のインプラント治療と違い、少ない本数のインプラントで全体的に噛