コラム

歯周病菌っていくつも種類があるの?歯周病菌対策はどうすればいい?

2018年11月30日 (金)
歯周病は歯周病の原因菌が引き起こす感染症です。歯周病は世界で最もかかっている人が多い感染症として、ギネスブックにも載っています。歯周病は歯が抜け落ちてしまうだけでなく、体のあちこちの病気を引き起こすことでも問題になってきています。しかし、近年では歯周病に関する研究も進んできており、かつては不治の病だと言われていたこの病気も、進行を止めることが可能になってきました。歯周病の進行を止めるためには、まず、ご自分がその原因を理解することが大切です。今回は歯周病を引き起こす細菌とはどのようなものか、また、歯周病菌に負けないようにするにはどうすれば良いのか、ということについて解説していきます。

コラム全文を読む

歯周病がなかなか治らない!その原因とは

2018年11月23日 (金)
歯周病は年齢を重ねるにつれ、自覚し、不調を訴える人が増えてきます。実際、歯周病というのは、若い頃からでもかかりますが、その状態が悪化して不具合が感じるようになってくるのは大体40歳くらいを過ぎてからということが多いようです。歯周病というのは重症化するにつれ、調子が良くならない、なかなか治らないというようなことが起こりがちです。なぜそのようなことが起こるのか、原因を見ていきましょう。

コラム全文を読む

歯茎の腫れは自然に落ち着く?歯茎の炎症を放置してはいけない理由

2018年11月16日 (金)
歯茎が腫れるというのは、誰でも経験したことがあると思います。歯茎の腫れがひどくて痛みがある場合、仕方なく歯医者に行く人もいると思いますが、多少の腫れの場合「まあそのうち引くだろう」と放置することも多いのではないでしょうか。このように歯茎の炎症というのは、少々腫れているくらいだと軽視されがちなのですが、実はこのような小さな腫れが歯周病で歯を失ったり、体の健康状態まで脅かしてしまうことすらあります。歯茎の炎症がどのようなことを意味するのか、見ていきましょう。

コラム全文を読む

インプラントは埋めるのがゴールではなく、埋めた後からがスタート

2018年11月9日 (金)
インプラント治療が終わったら「やっとインプラント治療が終わった!」と考える人は多いのではないでしょうか。これまで噛めなかったところで噛めるようになって、もうこれで大丈夫、と思ってしまうのも無理はないかもしれません。ですが、インプラントというのは、インプラントを埋めることが「ゴール」なのではなく、そこからが本当の「スタート」だと言えるのです。

コラム全文を読む

インプラントがもしも使えなくなってしまったら?

2018年11月2日 (金)
インプラントは基本的に永久に持つものではありません。家庭でのケア方法、食生活、生活習慣、メインテナンスに通うか否か・・など様々な要素でどれだけ長持ちさせられるかというのが決まってきます。ほとんどの場合は10年〜15以上持たせられるインプラントですが、やはり、「もしもインプラントがダメになったらどうすればいいのだろう」と疑問に思われる方もいらっしゃることでしょう。今回はインプラントがダメになってしまった場合、どのような対処法があるのかについてご紹介していきます。

コラム全文を読む

歯周病・虫歯・インプラント・・あらゆるものにとって大敵な「口腔乾燥症」とは

2018年10月31日 (水)
最近口の中がネバネバする、ヒリヒリする、物が飲み込みにくくなってきた、なんだか最近喋りにくい、というようなことはありませんか?もしそうであればお口の中が乾く「口腔乾燥症」かもしれません。実はこの口腔乾燥症の人が、若い世代や女性に年々増えてきていると言われています。口腔乾燥症はただお口が乾いてしまうだけではなく、お口の中に様々なトラブルを引き起こす原因になります。今回は口腔乾燥症について詳しく見ていきたいと思います。

コラム全文を読む

ブリッジは歯周病を悪化させやすい?

2018年10月24日 (水)
ブリッジは歯を少数失った場合に行われる治療法で、失われた歯の両隣を削って、橋渡しをするようにつながった冠をかぶせることから、このような呼び名がつけられています。ブリッジは保険がきくため安価で行える、固定式であるため違和感が少ない、治療期間も短いというようなメリットがあることから、少数本歯を失った場合には最も選ばれている治療法ではあります。しかし、いくつかデメリットもあり、安易に選ぶと後に後悔することにもなりかねません。その中でもブリッジは歯周病を悪化させやすいという一面があります。なぜブリッジが歯周病を悪化させやすいのでしょうか?

コラム全文を読む

ストレスは虫歯や歯周病の大敵!?

2018年10月17日 (水)
虫歯や歯周病というのは細菌による感染症であり、歯の周囲に溜まった細菌の集合体、すなわち歯垢がその原因となります。それゆえ、歯磨きをしっかりとしておけば予防ができるとされており、そういった意味で歯磨きは虫歯や歯周病予防の最も重要な絶対条件です。ところで、ストレスが虫歯や歯周病の発症に関わっていることをご存知ですか?ストレスの多い生活をしていると、虫歯や歯周病にかかりやすくなることがわかっているのです。今回はなぜストレスが虫歯や歯周病の大敵となってしまうのか、について解説していきたいと思います。

コラム全文を読む

オールオン4が「負担の少ないインプラント」と言われる理由とは

2018年10月10日 (水)
オールオン4はインプラント治療の中でも新しい治療法の一つで、ポルトガルの歯科医師であるパウロ=マロによって開発されました。この治療法が開発されたことにより、かつてはインプラントが不可能だと言われていたケースであっても、インプラントができる可能性が大きく広がりました。これは、入れ歯が合わなくて困っていた人にとって、大変喜ばしいニュースであると言えるでしょう。オールオン4は、負担が少ないインプラントとしても知られています。オールオン4は一体どのような点で「負担が少ない」のか、今回詳しく見ていきたいと思います。

コラム全文を読む

インプラント、オールオン4の術後に痛みが続く原因とは

2018年10月3日 (水)
インプラントやオールオン4治療を受けて、なるべく自分の歯のように噛めるようになりたい、と願う人は年々増え続けています。しかし、インプラントやオールオン4に欠かせないのがインプラントを埋め込む手術です。手術といえば、その後の痛みや腫れがどの程度、そしてどのくらい続くのか気になっている人も多いかと思います。今回はインプラント、オールオン4手術の後に出る痛みや腫れはどのようなものなのか、どのくらい続くのかについて、そして痛みや腫れが続く場合の原因や、そのようなトラブルを未然に防ぐための対策などについてご紹介していきます。

コラム全文を読む

1 / 1312345...10...最後 »
オールオン4なら東京・埼玉・静岡・神奈川で4医院の安藤歯科医院へ
インプラント専用フリーダイヤル
0120-941-801

月金9:30-19:00 / 火水9:30-18:30
土9:30-15:00 休診:木日祝

お問い合わせ/資料請求

048-462-1800
03-3550-1800
0557-51-3418
0463-62-1801
資料請求
各種クレジットカード
各種クレジットカード(東京・埼玉)
コラム
2018年11月30日
歯周病は歯周病の原因菌が引き起こす感染症です。歯周病は世界で最もかかっている人が
2018年11月23日
歯周病は年齢を重ねるにつれ、自覚し、不調を訴える人が増えてきます。実際、歯周病と
2018年11月16日
歯茎が腫れるというのは、誰でも経験したことがあると思います。歯茎の腫れがひどくて