歯周病とは

歯周病

歯周病とは、文字とおり歯の周りの組織が侵される病気のことです。以前は歯周病のことを歯槽膿漏と呼んでいました。

症状としては歯肉から出血したり、歯がグラグラするという病気ですが、一口に歯周病といってもプラークコントロール(お口の清掃状態)が悪いだけの初期段階の方から、歯肉からの出血や骨吸収が進行して歯を失ってしまうような重症の人まで様々です。

歯周病は、まったく自覚症状のないまま進行してしま場合が多く、他の目的で来院されたときに初めて歯周病にかかっていることを指摘される場合が少なくありません。しかし、まったく自覚症状がないわけではありませんので、以下…

歯周病
▲歯周病のお口の中のイメージ

  • 歯を磨いたときに歯ブラシに血がつく
  • 口臭が気になる
  • 朝起きたときに口の中がネバネバする
  • 冷たいものや熱いものが歯にしみる
  • 歯と歯の間に隙間が空いた、食べ物が挟まるようになった
  • 食べ物が噛み切れないことがある
  • 歯肉が腫れた
  • 歯が動いてきた

…など思い当たったら歯周病になっているかもしれませんので、症状を自覚して早めに来院していただくことが大切です。

歯周病進行状態と炎症の種類

歯周病には、進行状態によって呼び名が分かれ、大きく分けて「歯肉炎(しにくえん)」と「歯周炎(ししゅうえん)」に分かれます。

歯肉炎 軽度歯周炎 中等度歯周炎 重度歯周炎
歯肉炎
歯肉溝にプラークがたまり、歯肉が腫れて出血することも。歯周組織は破壊されていない。
軽度歯周炎
歯周ポケットが深くなり、歯周病菌や歯周組織に侵入。歯槽骨や歯根膜の破壊が始まる。
中等度歯周炎
炎症がさらに拡大。歯槽骨も根の半分近くまで破壊されて歯がグラつき始める。
重度歯周炎
歯槽骨の破壊がさらに進み、根の半分以上が破壊されて歯が前後左右にグラグラ揺れる。

歯肉炎について

歯肉炎とは歯周病の初期症状の状態のことをいいます。歯垢や歯石が、歯と歯ぐきの間の歯肉溝にたまると、そこから細菌が侵入しようとして歯ぐきに炎症が起こり赤く腫れて盛り上がります。この段階が「歯肉炎」で炎症が歯ぐきのみにとどまっている症状です。

歯肉炎
▲歯肉炎のイメージ

歯肉炎の初期症状は発赤と出血

健康な歯ぐきはピンク色で、歯と歯の間の部分が引き締まっています。歯肉炎が起こると、この部分が赤くなり腫れてきます。歯磨きの際に血が出るのも歯肉に炎症が起こって腫れているサインで、歯肉炎は、この時点で歯垢をきっちりと除去しセルフケアに励めば歯ぐきは元通りになり完治します。しかし、除去しきれないと次のステップの「歯周炎」に進みます。

歯周炎の段階になると、歯ぐきは少しずつ歯の表面から離れ「歯周ポケット」と呼ばれる袋状のすき間ができます。そこに歯垢が入り込み、石灰化して歯石となって取りつき、歯周病を悪化させます。軽度歯周炎の段階になると歯槽骨が溶けだし、痛みなどの自覚症状がほとんどないため気づきません。

歯周炎が中等度以上になると、硬いものを噛んだ時に歯に違和感をはっきりと感じるようになります。腫れたところから膿が出てきたり強い口臭を発生することもあります。この段階では歯を支えている歯槽骨がさらに溶けだし、歯の根の長さの半分くらいまで骨が破壊され、強い炎症が起こって歯がグラつきはじめます。やがては歯が抜け落ちることになります。

歯肉炎の段階で、早めの歯科医院での検診・処置と日ごろの歯磨きなどのセルフケアが大切です。

歯周内科を導入しています

内服薬
▲歯周内科のイメージ

従来の歯周病の治療は、小まめに歯石を除去したり、外科的に切ったりといった処置が主な治療方法でした。

しかし歯周病は、細菌による感染症です。
その考えから当院では、歯周病の原因菌の数を調べて、その方のに合わせた内服薬を処方する治療法「歯周内科」治療を導入しております。

PCR法による細菌検査

PCRという検査で、お口の中の歯周病原因菌が潜んでいるかどうかを検査します。その菌の存在が確認された場合、病原因菌の除去薬剤を処方し、内服していただきます。

少量のサンプルをお口の中の歯肉溝(歯周ポケット)から採取する安全な方法です。

なぜ歯周内科治療なのですか?

風邪
▲風邪等も同じ菌での感染症

従来の歯周病治療と言えば「歯磨き指導」「歯石除去(スケーリング)」「外科的処置」が基本的な治療です。しかし、この基本的治療は、患者さまの懸命な歯磨や長期の通院でも中々改善が見られないという個人差もありました。それだけご自身の歯磨きの仕方やドクターの治療技術に左右される治療方法と言えます。

そこでもっと簡単に良い治療結果が生まれる方法はないかと、多くの歯科医師が研究・臨床を重ねた結果生まれたのが、薬で歯周病を治すという考え方です。

風邪やインフルエンザも、同じ菌(ウィルス)による感染症ですが、医師の指示に従ってきちんと薬を飲めば、ほとんどの場合、治ってしまいます。

「歯周病は歯周病菌による感染症」であるという考えから生まれた医学的根拠に基づいた全く新しい歯周病の治療方法です。

※ただし、従来の歯周病治療も大切な治療方法です。原因菌の住み家となっている歯石や病巣が多くある場合には、あらかじめ、従来の歯石除去(スケーリング)や歯周外科治療で除去しておく必要があります。場合により抜歯が必要となることもあります。

その他の歯周病の治療法について

バイオフィルム

歯周病の治療は、綿密な診査によって症状を正確に把握して、原因を明確にし、その原因を除去していくことが重要です。

診査項目は、プラークの付着状態、ポケットの深さ、歯槽骨の吸収度、歯の動揺度、歯肉の炎症状態、咬合状態などです。

プラーク・コントロール

プラーク・コントロールによるプラーク除去の大切さとご自身の口腔内の状況をしっかり把握していただき、その患者さんに最適なプラーク・コントロール法を指導させていただきます。歯肉炎の初期の段階でプラークコントロールは歯周病の進行を食い止めるのに効果的です。

再評価検査

プラーク・コントロールの実践およびスケーリング(歯肉縁上歯石除去)を行った後で歯肉がどの程度回復しているか検査します。その結果が良好であれば、歯周病治療はメインテナンスに移行します。

スケーリング・ルートプレーニング(SRP)

再評価検査で満足な結果が得られなかった場合にこのSRPを行います。
まず、局所麻酔を行い、歯肉縁下の歯石を除去していきます。

歯周外科手術

上記の治療法で改善しなかった部位に対しては、歯周外科手術を行います。
SRPでは届かない歯の根の先端部分や根と根の間にある歯石などを除去します。
歯周外科手術はこの他にもさまざまな術式があり、症状に応じて使い分けられます。

メインテナンス

歯周病は一旦治療が完了しても再発のリスクが伴います。良い状態を維持していくためには、毎日のブラッシングと規則正しい生活習慣と定期検診が必要不可欠です。

定期的メインテナンス(PMTCによる歯のクリーニング)

お問い合わせ

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい

  • 埼玉 和光市/朝霞048-462-1800
  • 東京 高島平/西台03-3550-1800
  • 静岡 伊東/伊豆0557-51-3418
  • インプラント専用 フリーダイヤル0120-941-801

月火水9:30-17:30 / 金9:30-19:00 / 土9:30-17時 休診:木日祝

お問い合わせ・資料請求