お知らせ

生田セミナーに参加しました

2015年01月27日 (火)

P1010346

 

歯周病を薬で治すというコンセプト(歯周病内科治療)の下、熊本県天草にて御開業なされている生田図南先生のセミナーに参加してきました。

先生は御自身でMicroexaという検査組織を立ち上げ、口腔内の歯周病菌を遺伝子的に解析しています。当院でもMicroexamと提携する事で、患者さんの歯周病検査を積極的に行っています。

この歯周病内科治療というものは従来の歯周病に帯するアプローチとは多少異なっています。

従来の歯周病治療というのはブラッシングケアを主軸に歯の表面の汚れを掃除で除去するという考え方が中心でした。

そのため病院への頻繁かつ長期的な通院が必要で、治療における痛みや不快感等も強い治療でした。

それに対して、生田先生は歯周病という病気を歯周病細菌の感染であるという根本的な部分に立ち戻って、御自身の治療法を確立していったのです。

たとえば風邪をひいた時、身体に感染した細菌やウイルスを除去するため内科の先生は抗生物質や抗ウイルス薬を処方します。これと同様にお口の中に感染した歯周病細菌に対して抗生物質を用いる事でそれらの完全な除去を目指したものです。

これはとてもシンプルな考え方です。むしろ医科の先生からしたら当たり前に感じてしまうことでしょう。

しかしこの治療は、今まで行われていたわけではないので大きな発想の転換が必要でした。

生田先生のとても柔軟な考え方により、この治療法は確立していこうとしているのです。まだ全国的にもこの治療法を導入している歯科医院は多くはありません。しかし効果は明らかで、お口の中の状況また全身的な状態までもが一瞬で改善してしまいます。

当然痛みもなく、そして通院の回数も一気に減らす事が可能です。歯周病で悩まれている多くの患者様を本当に助けることができる理想の治療方です。ただし歯科医師による正しい投薬の知識と、治療の順序や投薬のタイミング判断は必須ですので、私たちも常に研鑽が必要となるのです。

今回のセミナーでは、日頃行っている歯周病内科医治療に対して、より理解を深め、また最新の知見を得る事ができました。これからも当院はさらに進んだ歯周病に対する内科的治療を提供していきますので、どうぞ御期待ください。

冬の雨は冷えますね

2015年01月22日 (木)

寒い日が続きますが、皆さま風邪など引かれていませんか?

今日は午後からお天気が崩れ出しました。

冬の冷たい雨の中ご来院いただいた皆様、ありがとうございました。

安藤歯科ORCインプラント矯正センターでは雨の日に備えて、ご自由にお使い頂けるタオルをご用意しております。

不明

 

駅から医院までロンドンタクシーでの無料送迎も行っておりますので、雨の日もどうぞお気軽にご来院ください。

本年もよろしくお願いします。

2015年01月9日 (金)

『あけましておめでとうございます』

 

新年あけましておめでとうございます。

 

安藤歯科インプラントセンター東京(高島平)、ORCインプラント矯正センター(朝霞)、高原歯科(伊豆)とも、1月5日より診療がはじまりました。

初日よりインプラントのオペもスタート、HBO(高気圧酸素治療)も順調に稼働しております。

 

今年もスタッフ一同、皆様の笑顔のため心を合わせて取り組んで行きます。

2015年も、どうぞよろしくお願いいたします。

カムカムクラブ2014

2014年12月16日 (火)

去る12月13日(土)、ORCインプラントセンター恒例のクリスマスイベント「カムカムクラブ」が開催されました。

今年度もとても多くのお子様、親御様にご参加を頂きました。その数なんと170名以上!

カムカムクラブも設立5周年となりましたが、多くの方に認知されてきているようでとても嬉しく思います。

当院のスタッフも毎年ごとにアレンジを加えた企画で盛り上げていました。

IMG_9233

 

IMG_9213

 

IMG_9229

 

今年、参加できなかった皆様も来年は是非ご参加ください。

日本の歯科100選 2015年度版に掲載されました

2014年11月5日 (水)

当院が2015年度版の日本の歯科100選に掲載されました。

日本の歯科100選 2015

http://www.dental100.jp/

お近くの書店にて購入することができます。

掲載された喜びもありますが、患者様の期待に応なければいけないというプレッシャーもスタッフ全員で感じています。これからも、皆様に満足頂ける最善の治療を提供できるよう努めていきます。

 

子供達にとってのバクテリアセラピー

2014年11月1日 (土)

3連休が始まりましたね。天気はあまり良くないみたいですがいかがお過ごしでしょうか?

この間のブログでバクテリアセラピーについて紹介させてもらいました。

今週はBaio Gaia社による院内スタッフへのプレゼンテーションも行い、皆でバクテリアセラピーへの知識を深めました。購入される患者さんも日に日に増えており大好評です!

さて、前回の最後にバクテリアセラピーを本当に行って欲しいのは子供達ということをお伝えしました。本日はその理由について紹介させてください。

そもそもバクテリアセラピーはスウェーデンで生まれた新しい治療の概念です。スウェーデンと言えば医療と福祉の先進国であり、医療費は税金や国庫負担で多くを、賄っています。医療費負担を抑える為には病気になるのを防ぐ事が重要です。そのためスウェーデンでは病気を未然に防ごうと予防医学が発展してきたのです。

全てのヒトは生まれた時からむし歯の菌も、歯周病の菌も口の中に保有しているわけではありません。それらの菌はすべて外来由来で、年齢を重ねるごとに保有するようになっていくのです。外来の菌が入ってくる前に、体内に善玉菌を定着させていくことは子供達の将来の健康を守るためにはとても有効です。お口の中だけに限らず全ての疾病を予防的に管理する。予防に勝る治療はないというわけです。

おもしろい話として、泥んこ遊びは元気の素といわれることがあります。

大手メーカーの派手な宣伝の影響で日本という国は異常なまでの除菌ブームです。しかし除菌という行為は、良い菌までも駆除してしますのです。子供の頃から細菌の多い環境で生活している途上国の人たちは、先進国の人と比べてアトピーや花粉症患者数が少ないと言われています。実際、泥んこ遊びや川で泳いで遊ぶ機会が減った現代の日本ではアレルギー患者が増えています。つまり菌を避けるのではなく、たくさんの善玉菌と共存し悪玉菌を寄せ付けないようにすることが重要なのです。

そういう意味でも幼少期からバクテリアセラピーを行う事はとても有効ということがわかると思います。

お子様用、ストロベリー味のものも用意してあります。ご興味があればスタッフまで。

 

スクリーンショット 2014-11-01 23.50.25

BioGaia社のHPではより詳しい情報が掲載されています。

http://www.biogaia.jp/oral/

 

バクテリアセラピーによる健康増進法

2014年10月27日 (月)

新しい1週間が始まりました、今週も気合いを入れて頑張っていきましょう!

ところで、みなさんはバクテリアセラピーという言葉をご存じでしょうか?

はじめて聞いたという方も多いと思いますので、簡単にご説明しましょう。

バクテリアセラピーとはヨーロッパで新しく誕生した予防医学のことで、優れた善玉菌を体に取り込み事で、体内の菌のバランスを整え、体質を変えていく細菌療法のことをいいます。

細菌というと体に対して悪いというイメージがありますが、実は細菌には、良い菌と悪い菌が存在するのです。そのうちの良い菌、すなわち善玉菌(プロバイオティクス)を利用します。

優れたプロバイオティクスは体内で抗菌物質を生み出し、病原菌に対抗する作用があります。

つまり科学的根拠に基づいた健康増進効果を持っているのです。

これは私たちが日々ケアしている口腔という環境にとっても有効な方法で、L.ロイテリ菌という菌を用います。

L.ロイテリ菌はヒトの母乳・口腔由来の乳酸菌で新生児の消化管に最初に定着する菌です。胃酸や消化酵素への耐性があり、優れた定着性があります。天然の抗菌物質を産生すると同時にヒト免疫システムの調整を行いながら、さまざまな疾患の予防・治療に働きかけます。

具体的には・・・

①むし歯の原因菌を減らします。

②歯周病の原因菌を減らします。

③口臭を減らします。

④便秘、下痢の方の便通を整えます。

⑤胃のピロリ菌(胃炎の原因菌)を減らします。

⑥アレルギー症状を軽減します。

etc・・・

デメリットがなく、対象はどなたでもOKというのも良い点ですね。当院の中でも話題になっており、続々とバクテリアセラピーを行うスタッフが増えています。

バクテリアセラピーの方法はとても簡単で、1日1錠のタブレットを夜に歯磨きが終わった後、なめて頂くだけです。

30日分の処方で3000円(税別)とお求めやすくなっています。菌を体内に定着させることが重要になるので、まず1カ月間(1箱)から試して頂くのがよろしいかと思います。

IMG_3997

使用して頂いた患者さんからは口臭がなくなった、明け方の唾液の粘つきが減った、歯磨きの時に出血が減った等の嬉しい報告を数多く受けています。

 

しかし実はこのバクテリアセラピー、最も使って頂きたいのは子供達なんです。その理由はまた後日アップします。

 

 

 

 

 

Nobel Biocare Symposium 2014に参加しました。

2014年09月23日 (火)

当院で使用しているインプラントメーカーであるNobel Biocare社主催のシンポジウムに参加してきました。今年は品川にて行われ、歯科医師、歯科技工士、歯科医療従事者あわせて2200人以上が参加する大規模なものでした。開催期間中は朝7時から夕方まで最新のインプラントトピックについて存分に学んできました。

IMG_1834

今回は当院の理事長、安藤正実もクリニカルマネージメントというテーマで講演を行い、立ち見も出るほどの大盛況ののちに行われました。

IMG_1825IMG_1826

また今回のシンポジウムは、世界各国のインプラントにおいて高名な歯科医師が多く参加しており、中でもAll on 4邃「 で知られるポルトガルのDr Paulo Maloの講演はとても素晴らしいものでした。

IMG_1841

当院のスタッフも数多く参加し、皆それぞれに多くのことを学ぶことができました。スタッフみながインプラント治療に対して興味をもって共に勉強できる素晴らしい機会となりました。

これからも常に患者様に最良の治療を提供できるよう日々アップデートを努めていきます。

ツꀀ

 

ALL-ON-4ライブオペセミナーを行いました

2014年09月8日 (月)

7月13日(日)に毎年恒例となっているライブオペセミナーを行いました。

image image image

ALL-ON-4とは無歯顎の方に、骨を増やす手術はせず、少ない本数のインプラントで歯を入れることができる術式です。

日本ではまだ限られた医院でしか行われていないため、知識を広めるため、当医院では定期的にセミナーを行っております。

今回も全国から著名なインプラント歯科の先生方が集まり大盛況のうちに終わりました。

image image

日本臨床高気圧酸素 潜水医学学会で発表いたしました。

2014年07月7日 (月)

日本臨床高気圧酸素 潜水医学学会が、 大会会長 石山純三先生により
7月4日5日の両日、静岡県コンベンションセンターにて開催されました。

この学会は国立病院や病床数100床以上の総合病院の医師の先生方が中心になって構成されています。
代表理事の有賀徹先生、座長のもと当クリニックの理事長安藤正実が、
「最新歯科治療法の現状と高気圧酸素療法の有効性」について発表いたしました。

DSC_0066

 

DSC_0056

 

ツꀀ

質疑応答では医科の先生方から
高気圧酸素治療の有効性が歯科の分野で活用されていく事に深い興味と関心をもって頂き、活発な意見が会場に飛び交いました。

DSC_0068

DSC_0047

医学における高気圧酸素療法の治療効果を学び、又、医科の先生方から貴重なアドバイスや情報を頂き大変充実した学会参加が出来ました。
この経験を安藤歯科に来院される患者様に還元していこうと考えております。

資料請求
各種クレジットカード
各種クレジットカード(東京・埼玉)
コラム
2018年04月16日
総入れ歯の人は、日々の手入れの大変さや噛み心地の悪さから「インプラントにしたい」
2018年04月2日
インプラント治療に興味があっても、手術が怖くて決断できないという方は少なくないと
2018年03月19日
生活習慣病は日本人のみならず世界の人を悩ませています。日本国内でも糖尿病に罹患し