小児歯科 子どもの虫歯

「歯科はこわくない」と思ってもらえるような治療

歯周病とは

当院では、できるだけ虫歯にならないように、できる限り注射をしない様治療しています。もし虫歯になってしまったら、小さいうちに適切に治療します。当院では徹底した予防治療を心がけています。又必ず治療前に親御さんに説明しています。

小児の虫歯予防のポイントは、幼少時期のミュータンス菌です。乳児から幼児の間に、虫歯の原因菌であるミュータンス菌が親から赤ちゃんに感染してしまうと、その子は一生ミュータンス菌が口の中にすみついてしまいます。このミュータンス菌を増やすことなく、さらにきちんと歯みがきができるようになれば、お子様のお口の中は虫歯になりにくい状態を保てます。また当院では、お子様が治療を怖がらないよう、お子様とのコミュニケーションを大切にしています。

治療は痛くない、こわくないということをお子さんに理解してもらい、治療をすすめます。小さなお子さんでも、しっかりとした説明をすれば、それを子どもなりにきちんと理解して、大人と同じように治療することが可能です。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素は歯に塗布することでフルオアパタイトという虫歯に極めてなりにくい結晶を作ることで、虫歯予防に大きな 効果があります。更にフッ素入りの歯磨剤の使用などを併用することによって効果が高まります。
フッ素を塗布すれば、その後絶対に虫歯にならないということではありません。フッ素を塗った後も以前と同様日頃のしっかりした歯磨きを怠らないでください。

フッ素は、自然界の物質で私たちが食べる食品(さかな、じゃがいも、にんじん、海草、牛乳など)の中にも含まれています。定期健診にあわせて3~6ヶ月ごとに行うことをおすすめします。定期的に塗布しないと効果がありません。

シーラント(奥歯の溝のムシ歯予防)

奥歯の溝の虫歯予防にはシーラント

歯周内科

奥歯の噛む面の溝は深く、歯ブラシも届きにくく、食べカスやバイ菌がたまりやすい場所です。この溝にシーラントという特殊な樹脂をつめて、汚れがたまりにくい、歯ブラシが当たりやすい表面にし虫歯を防ぐ方法です。シーラントは保険で行えます。

シーラントを行ったからといって絶対に虫歯にならないわけではなく、フッ素塗布やフロスの使用をお勧めします。

オールオン4なら東京・埼玉・静岡・神奈川で4医院展開の安藤歯科医院へ

インプラント専用フリーダイヤル

月金9:30-19:00 / 火水9:30-18:30
土9:30-15:00 休診:木日祝

お問い合わせ/資料請求

048-462-1800
03-3550-1800
0557-51-3418
0463-62-1801
資料請求
各種クレジットカード
各種クレジットカード(東京・埼玉)
コラム
2017年09月18日
せっかく何度も歯科医院へ通ったのに、入れ歯が合わない…。やっと入れ歯を作ったけれ
2017年09月11日
生活習慣病である糖尿病と歯周病ですが、実は、この両者が結びついているということま
2017年09月1日
最近、街中でもインプラント治療を行っているという歯医者さんをよくみかけるのでない