ザイゴマインプラントとは

ザイゴマインプラント

安藤歯科医院では2005年よりザイゴマインプラントシステムを導入しております。この「ザイゴマインプラント」を導入してる医院は日本全国においても限られており、安藤歯科医院は「ザイゴマインプラント」を導入し実績をあげている有数の施設となっております。
(2009年度は日本全国でザイゴマインプラント約100本のうち、約40本が安藤歯科医院で行なわれております。*メーカー調べ)

通常のインプラントが歯槽骨か顎骨に埋入されるのに対し、ザイゴマインプラントは頬骨(ザイゴマ)に埋めるインプラントです。

また、上顎において、All-on-4インプラントシステムが適応できないほど顎骨が萎縮しているケースに対して頬骨(ザイゴマ)にインプラントを埋入し即日機能させるインプラントシステムです。

ザイゴマインプラントシステムは1998年にブローネマルクが考えたコンセプトにより商品化されましたが、その後、Dr.モイやDr.マロが上顎洞の外側を通す方法などを考案し、現在に至っています。

従来のインプラントは、歯が無い(歯ぐきが痩せている)、もしくは歯があってもぐらぐらで咬めない人に対して、骨に埋めてから3ヶ月~6ヶ月待ち、インプラントが骨と結合してから人工歯をインプラントと固定するという手法をとってきました。上顎において骨が無い場合はサイナスリフトといって上顎洞の中に人工骨を入れ、6ヶ月してからインプラントを埋め、さらに6ヶ月待つという、最初の手術から1年以上経過してから初めて歯が入るという、長い道のりでした。

All-on-4を行うようになって、90%の患者様はサイナスリフトを行わなくてもインプラント手術をした当日に固定式の歯を装着することが可能になりましたが、前歯部の骨が少ない10%の患者様は6ヶ月以上待つ必要がありました。ザイゴマインプラントは頬骨にインプラントを埋入することによって、全ての患者様に対して、手術をした当日に固定した歯を装着できるようになりました。

ザイゴマインプラント
ザイゴマインプラントフィクスチャー

レントゲン写真
X線写真の様子

上部構造
審美性の高い上部構造

お口元
口元の様子

ザイゴマインプラントの症例へ⇒

ザイゴマインプラントは、上顎において、All-on-4が適応できないほど顎骨が萎縮しているケースに対して頬骨(ザイゴマ)にインプラントを埋入し即日機能させるインプラントシステムです。

頬骨に通常よりも長いインプラントを埋入するために、歯科インプラント治療の種類の中でも、非常に技術力を要し、日本国内では出来る歯科医師・歯科医院施設が極々わずかに限られます。

「あなたにはアゴの骨が薄くインプラントが出来ない」と他で断られた方が、当院でザイゴマインプラントをお受けになられ「すがる思いで門をたたいてよかった」と泣いて喜んでくださるケースを何症例も経験してきています。

5~6院もの歯科医院を回り、治療費がかさみ、当院でやっとの思いで腰を落ち着けて治療とメンテナンスが受けられると言ってくださる方もいます。そんな患者さんの方々のお喜びになる表情やお礼のお言葉をいただくと、このザイゴマインプラントをもっと多くの方々に知っていただかなければという想いにかられます。

当院では、近隣の朝霞市や和光市・志木市周辺の方々や、豊島区・練馬区の患者さんの層が多いのですが、他府県からも、当院のこのザイゴマインプラントやオールオン4の噂や口コミを聞きつけてくださり、日本全国から患者さんがお見えになられています。歯周病等で歯を失ってお困りになっている47都道府県、そして全国の市町村の方々を診療したいというのが当院の目標であります。

お問い合わせ

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい

  • 埼玉 和光市/朝霞048-462-1800
  • 東京 高島平/西台03-3550-1800
  • 静岡 伊東/伊豆0557-51-3418
  • インプラント専用 フリーダイヤル0120-941-801

月金9:30-19時 / 火水9:30-18:30 / 土9:30-15時 休診:木日祝

お問い合わせ・資料請求