光機能化インプラント

光機能化技術 セラビーム アフィニーを導入

セラビーム アフィニー

光機能化技術 セラビーム アフィニー(TheraBeam Affiny)を導入しました。インプラントは、製造後は新鮮なチタンの性状を保っていますが、時間とともに劣化していきます。セラビーム アフィニーの光機能化技術は、このチタンの老化を克服するために開発されました。

光をあてる前と後でのチタンの変化

光をあてる前と後でのチタンの変化

左側は疎水性であり、血液をはじき、押しのけています。
右側の光処理インプラントでは、血液に接触した瞬間、血液はインプラント体を駆け上り、吸い寄せていくことがわかります。このようなことが、血液でもおこり、そして骨芽細胞でも起こるのです。光処理した右のインプラントには、骨がよくできることがお分かり頂けると思います。

血液がなじまなければ必要な細胞はインプラントに接着することができず、もちろん骨も創ることはできないのです。この最初の重要な過程に、光機能化を施すと施さないとでは、決定的な差を生むことがお分かりいただけると思います。

光機能化の特徴

・光機能化を行うことによって、常にベストの状態のインプラントを使うことができる。
・古いインプラントを新しくする再生する能力ばかりでなく、新しいインプラントよりもさらに能力を上昇させる効果がある
・治癒期間の短縮、難症例ケースのリスクの現象
・すべての患者さんに同等に、均等に能力が回復向上した、あるいは最大能力をもったインプラントを提供することができる
・予期できない、あるいは現在の学問では説明のつかないインプラントの失敗や骨とくっつかない原因を予防できる可能性がある
・短いインプラントを使用しても、長いインプラントと同じ力で骨と結合する場合がある。そのため、骨が足りないケースであっても骨を増やさずに短いインプラントで治療できる場合がある。
・超骨結合、英語ではスーパーオッセオインテグレーションと定義され、一流学術雑誌やチタン科学のテキストにも掲載

開発者と背景

インプラント表面に一定波長の光をあてることにより、インプラントと骨が接着しやすくなるようにする技術です。UCLA(カリフォルニア大学ロサンジェルス校)の小川隆広教授と日本の光技術に特化したメーカーによって開発され、すでにヨーロッパやアメリカでは歯学教育に取り入れられ、世界で標準化しつつある画期的な方法です。

インプラントがより早く、より強固に骨と接着するため、インプラント治療の成功の確率が高まります。

小川隆広教授

オールオン4なら東京・埼玉・静岡・神奈川で4医院展開の安藤歯科医院へ

インプラント専用フリーダイヤル

月金9:30-19:00 / 火水9:30-18:30
土9:30-15:00 休診:木日祝

お問い合わせ/資料請求

048-462-1800
03-3550-1800
0557-51-3418
0463-62-1801
資料請求
各種クレジットカード
各種クレジットカード(東京・埼玉)
コラム
2017年09月18日
せっかく何度も歯科医院へ通ったのに、入れ歯が合わない…。やっと入れ歯を作ったけれ
2017年09月11日
生活習慣病である糖尿病と歯周病ですが、実は、この両者が結びついているということま
2017年09月1日
最近、街中でもインプラント治療を行っているという歯医者さんをよくみかけるのでない