より骨の治癒促進や成功率を高めるための最新設備

超音波治療器「オステオトロンD2」を導入

オステオトロン

オステオトロンD2という「超音波骨折治療器」を導入いたしました。
インプラント治療における治癒促進や骨との結合を早めるための機械で、治療後に患者さんの頬にセットいただき、15~20分程の時間あてがいます。後日の通院でも繰り返し使用していただくことが効果的です。

もともと、このオステオトロンは整形外科などで、骨折治療の治癒を促進する目的で普及しておりましたが、今回導入したものは伊藤超短波という会社が歯科用に改良を加えた機種です。

2002年サッカー日韓ワールドカップ開催直前にイングランド代表ベッカム選手が骨折し、この超音波を用いた機械で2週間程で治癒したと言われたことでも有名です。

このオステオトロンは、約40%治療期間を短くすることが出来るとの治療データ報告もあります。

光機能化技術 セラビーム アフィニー(TheraBeam Affiny)

TheraBeam Affiny
▲セラビーム アフィニー

光機能化技術 セラビーム アフィニーを導入しました。インプラントは、製造後は新鮮なチタンの性状を保っていますが、時間とともに劣化していきます。セラビーム アフィニーの光機能化技術は、このチタンの老化を克服するために開発されました。

詳しくはこちら⇒ 光機能化技術 セラビーム アフィニーについて

当院で可能なインプラントの治療方式

ここでは、当院が導入しているインプラント治療に関する主な最新テクニックを取り上げたいと思います。

ザイゴマインプラント

ザイゴマインプラントは、上顎において、All-on-4インプラントシステムが適応できないほど顎骨が萎縮しているケースに対して頬骨(ザイゴマ)にインプラントを埋入し即日機能させるインプラントシステムです。

詳しくは、ザイゴマインプラントのページをご覧ください。

オールオン4 (All-On-4)

All-on-4(オールオンフォー)は、総入れ歯に変わる画期的な最新のインプラント治療法です。

歯をすべて失った患者さんに対する治療法はこれまで「総入れ歯」が主流でした。 しかし、「総入れ歯」による生活には違和感を感じる方も多く、食事が不便だったり、外れたりする不安もあります。

取り外し式の「総入れ歯」に対して固定式の「インプラント治療」は総入れ歯のような違和感やズレなどもなく、天然歯のような快適な食生活を取り戻すことができます。そして、インプラント治療のデメリットである「治療期間」「経済性」「審美性」「外科的侵襲」などの患者様にかかるあらゆる負担を軽減した治療法として開発されたのが「All-on-4(オールオンフォー)」です。

詳しくは、All-on-4(オールオンフォー)のページをご覧ください。

即日インプラント(即時荷重インプラント)

インプラント手術によってインプラント(純チタン)と骨がオッセオインテグレーション(骨結合)するまでには約6週間から8週間程度の時間がかかります。

最新のインプラント治療であるイミディエイト術式(即時加重)によるインプラント手術によって確実な初期固定を得ることができればインプラント手術当日にインプラントに義歯をしっかり固定してその日から食事も可能になります。

詳しくは、即日インプラントのページをご覧ください。

フラップレス(無切開)手術

フラップレス術式は、術前の精密検査(CT撮影)とコンピュータシミュレーションによる診断によって可能になる最新のインプラント術式です。

フラップレス術式によるインプラント治療は、一般的なインプラント手術で必要となる切開・剥離・縫合の各ステップが省略できるため、手術時間を短縮することが可能で出血もほとんどなく術後の腫れや痛みまで軽減できる患者さんにとってのあらゆる負担をなくせる最新の術式です。

詳しくは、フラップレスインプラントのページをご覧ください。

お問い合わせ

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい

  • 埼玉 和光市/朝霞048-462-1800
  • 東京 高島平/西台03-3550-1800
  • 静岡 伊東/伊豆0557-51-3418
  • インプラント専用 フリーダイヤル0120-941-801

月金9:30-19時 / 火水9:30-18:30 / 土9:30-15時 休診:木日祝

お問い合わせ・資料請求