チーム医療のインプラント治療

チーム医療のインプラント治療

インプラントの治療には、滅菌や準備、優秀なアシスタント、歯科衛生士によるクリーニング、被せる歯を作成できる精密で上手な歯科技工士との連携による、より徹底したチーム・ワークサポートが必要となります。

歯科医院スタッフの総合力、チーム力が発揮されると共に、もう一つは、各患者様の症例に応じてしてインプラントに関係する領域の専門家が共に診査・診断を行い、最終的な治療のゴールを設定し、症例に対する共通認識を持った上で、それぞれの専門性を最終結果に向けて統合していくチーム・アプローチが当院の強みです。

歯科衛生士のサポート

歯科衛生士

歯科衛生士がインプラント治療前にすることで重要な任務は、まずひとつに器具の滅菌とその準備です。執刀を行うドクターが使いやすいように順番に器具を並べ、オペレーションしやすくするのはもちろんのこと、ドクターが手術中にどんな器具がほしいのか?先読みや見極めを行い、ドクターにすばやく的確に器具を受け渡すことが大切です。この衛生士とのあうんの呼吸が、インプラント手術の時間に大きく影響します。

またサクション(血液や唾液を吸引する器具)がドクターの死角にならないよう、確実なバキューム操作、粘膜弁の排除、縫合時におけるアシストなど、切開・埋入・ドリリングなどを円滑にすすめさせるのも、歯科衛生士の経験と感が必要になってきます。

またドクターともに清潔域に位置していますので、不潔域で器具やその他のサポートをする衛生士さん、または歯科助手との連携・指示も的確でなければなりません。

インプラント成功率はインプラント手術の的確さと、骨を外界にさらす手術時間に大きく影響されます。ですので、インプラント手術時間は患者様の心理的負担とインプラント成功率の向上のため、無駄な動きがなく、速めに終了させることが重要となります。

インプラント学会によっては、インプラント専門歯科衛生士として認定制度を設けているところもあります。それだけ一般歯科治療とは違い、インプラント治療に対する専門性が歯科衛生士自身に求められます。

歯科技工士のサポート

歯科技工士は、インプラントを埋入した後、被せ物などを製作し見た目や噛み合わせの重要な役割を担います。ある意味、歯科技工士の技術によって、インプラント治療のゴールは大きく左右されるといっても過言ではありません。

適合が悪い製作物は、隣接する歯の虫歯や歯周病、噛み合わせ不良の原因になります。また審美的な観点からも、不自然な形や色だったとしたらどうでしょうか。患者さんはより美しい歯を求めるのは当たり前です。

歯科医師との連携、ときには患者さんに立ち会って、患者さんの意向をお聞きし、そのケースにあった歯を制作することが望まれます。

また歯をセットした終わりではなく、経過年数とともに、臨床データをチェックし、将来の製作物に反映させることも歯科技工士の大切な役割となります。

詳しくは、院内歯科技工所の併設のページをご覧ください。

お問い合わせ

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい

  • 埼玉 和光市/朝霞048-462-1800
  • 東京 高島平/西台03-3550-1800
  • 静岡 伊東/伊豆0557-51-3418
  • インプラント専用 フリーダイヤル0120-941-801

月金9:30-19時 / 火水9:30-18:30 / 土9:30-15時 休診:木日祝

お問い合わせ・資料請求