院内技工所によるAll-On-4の製作物

フレーム▲チタンフレーム(骨組部分)
CAD/CAMで精密に削りだしたもの

術前・術後

ブリッジ▲All-On-4の最終補綴物完成
歯肉部分も患者さまの歯肉同様に
作ることができます

ジルコニアフレーム(キャップ)

フレーム

上記のようにジルコニアフレームの上に様々な歯の形を作っていきます。
スキャニングされたデータは千葉の「幕張プラント」に送られ、ジルコニアフレームが作られます。

ジルコニアを使うメリット

  • 生体親和性が高い
  • 軽い
  • 精度がよい
  • 強度が高い

歯科技工所併設のメリット

歯科技工士
▲当院の歯科技工士

歯科医師は人工の歯を製作しません。歯科医師がインプラントを埋入し、セラミックなどの上にかぶせる人工の歯(上部構造)は歯科技工士が製作します。その出来上がった新しい歯をしっかりセットするのが歯科医師の仕事です。

多くの医院では新しい歯を外部の歯科技工所に依頼製作します。技工士は患者様のお口の中を直接見ることなく製作している場合が多いのですが、色や形などその患者さんの要望にあわないこともあります。

いかに美しく適合性のよい歯を作るかは、歯科医師と技工士の綿密な打ち合わせ・やりとりが重要となります。外部の技工所に依頼すると大きさや色の調整が必要になった時でも、大きな時間が空き、タイムラグとなってしまいます。

もし院内に技工所が併設されていればどうでしょうか? 技工士は患者さま、ドクターとコミュニケーションを取りながら製作していくことができます。
患者さまのメリットとして、製作物の作り手が分かることによって安心感を得られること、
作り手は、目視で色や形を確認でき、患者さまのご要望を直接感じることができるため、より理想に近い形で製作物に反映していくことができることです。それにより、要望や意見が即座に反映され、適切な対応が可能となります。

こういったやりとりは日本では稀ですが、アメリカをはじめとした他の国々では、当然の流れとして行われています。

技工士から一言

技工所

特にオールオン4や即日インプラント治療における「1日で治療が終わり、その日のうちに食事が可能な治療システム」は、手術をしたその日に仮歯装着までしますので、院内技工所を併設している医院がより望ましいといえます。

院内技工所があるかどうかは、インプラント歯科医院を選ぶ上での一つのポイントとなるでしょう。

プロセラ®システムについて

プロセラフォルテシステム
▲プロセラフォルテシステム

ジェニオン
▲プロセラジェニオンシステム

安藤歯科医院・院内技工所ではノーベルバイオケア社の開発したプロセラフォルテシステム、プロセラジェニオンシステムを使用しております。
プロセラフォルテは接触型、ジェニオンはレーザーによるスキャニングを行います。この2つを症例により使い分けております。

今までは、高精度の製作物を作るのは困難でしたが、プロセラシステムのCAD・CAM(コンピューターで模型の形を取り込み、製作物に反映するシステム)を使うことによって、より患者さまにご提供することが容易となりました。プロセラシステムは、数あるCAD・CAMシステムの中でも、様々な症例に対応できる数少ないシステムです。当院ではいち早くこのシステムを導入いたしております。

このテクノロジーによって、すべての歯科医師や技工士は適切な製作物をデザインすることができ、患者さまによりよいと思われる物を提案・ご提供できるようになりました。

お問い合わせ

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい

  • 埼玉 和光市/朝霞048-462-1800
  • 東京 高島平/西台03-3550-1800
  • 静岡 伊東/伊豆0557-51-3418
  • インプラント専用 フリーダイヤル0120-941-801

月金9:30-19時 / 火水9:30-18:30 / 土9:30-15時 休診:木日祝

お問い合わせ・資料請求