コラム

顎関節症だとオールオン4治療が出来ないってホント?

2018年01月22日 (月)
オールオン4で治療しようと考えている人とって顎関節症は影響するのか、ということは気になるポイントですよね。顎関節症だとオールオン4できないのでしょうか?
結論からいうと顎関節症だとオールオン4ができないということはありません。では、一体何が問題となってしまうのでしょうか。

顎関節症とは…

顎関節症とは…
顎関節症は大きく分けて3種類あります。

■咀嚼筋肉痛

顎関節の一番の仕事は顎を動かすことです。顎を動かすと会話ができるし、咀嚼することもできます。この顎を動かす時に動くのが咀嚼筋です。咀嚼筋によって顎が開いたり閉じたりしますが、稀に咀嚼筋の筋肉痛が起きます。原因は硬いものを急に噛んだ時や、長い時間噛んでいる、といったことが挙げられます。

■関節円板の異常

関節が動く時は関節円板という軟骨が間に挟まることで円滑な顎の動きが実現します。ただし、何らかの原因によってこの関節円板の動きが悪くなる現象が起きます。

■関節突起の異常

顎関節を構成する関節突起が欠損していたり、変形してしまう状態です。変形しているので強い痛みが伴います。

オールオン4を検討する人は歯がない人

オールオン4を検討する患者さんの多くは歯がありません。そのため、入れ歯を使用していることが多いのですが、入れ歯でも合わない入れ歯を使用し続けていると顎関節症が悪化します。入れ歯の「歯」の部分は非常に柔らかいため、噛んでいると削れてしまうことがあります。噛む面が削れていくと、入れ歯を作った当初よりも噛み合わせが強くなっていくことがほとんどです。
そして、噛み合わせが強いと顎関節にかかる負担が大きくなり、顎が痛くて開かなくなると顎の可動範囲もだんだん狭くなっていきます。最終的には口が全く開かなくなる可能性が考えられるので、万が一入れ歯に不調があったらすぐに歯医者さんへ相談するようにしましょう。
また、入れ歯が合わなくなって使わなくなると、口内に歯が残っていた場合には歯の移動が起きます。歯が移動することによって噛み合わせが崩れてしまい、不規則な噛み合わせになることで顎関節症も悪化していきます。

オールオン4と顎関節症の関係

オールオン4と顎関節症の関係
オールオン4は片側の顎に4本インプラントのボルトを埋めます。埋める前にはCTを使って顎の骨の厚みを事前に検査しておいて、どの角度で埋めるのがベストなのかシュミレーションしておきます。
しかし、実際は骨の中に走行している神経や周囲の血管・患者さんの体調も考慮しながらボルトを埋めていくので時間がかかってしまいます。
オールオン4の治療をする前に顎関節症の症状がある患者さんは担当歯医者へその旨を伝えておく方がよいでしょう。実際に、伝えずに口を開け続け顎関節症が悪化したという症例もあるので注意してくださいね。
資料請求
各種クレジットカード
各種クレジットカード(東京・埼玉)
コラム
2018年02月19日
インプラント手術は歯を補うという意味で優れた治療方法です。前歯ならば審美性が高く
2018年02月5日
歯周病は糖尿病、脳梗塞、心筋梗塞、骨粗鬆症、腎炎など全身疾患との関わりが注目され
2018年01月22日
オールオン4で治療しようと考えている人とって顎関節症は影響するのか、ということは