コラム

オールオン4の手術後に注意すべきこと

2017年12月4日 (月)
歯を失った時、選択肢の一つとしてインプラントがあります。1本ならインプラントかな?と思っても、上の歯全部をインプラントにするとなると金銭的に不安を感じてしまうことがあると思います。また、金銭的な問題だけでなく、「あなたの骨の状態だとインプラント治療に入れるまでに数か月かかります」「あなたの骨の状態でインプラントは無理です」など、骨の状態によってはそもそもインプラント治療を断られてしまう可能性があります。

そうした方が選択肢の一つとして検討するのが、4本~6本のインプラントで10~12本の歯を支えるオールオン4(6本ならオールオン6)というインプラントです。10~12本のインプラントを入れるよりも安価で済ませられることや体の負担が少ないのが特徴です。今回はそんなオールオン4の手術を受けた方が、手術後に気を付けるべき点についてみていきましょう。

手術前日

手術前日
手術の前には、普段飲んでいるお薬を控えたり、お食事を軽めに済ませるなどの指示をされる場合があります。そのためまずは歯医者さんの指示をきちんと守って過ごすことが大切です。
また、手術の成功は、実は本人の体調に大きく左右されるものです。疲れがたまっていたり、ストレスや不安があると、うまくいくはずの手術も失敗に終わってしまうこともあるといわれています。たくさん笑えるような本やテレビを楽しんで、早めに就寝するようにしましょう。

手術当日

手術した後は、熱いお風呂や激しい運動は厳禁です。そのため、事前にシャワーを浴びて気分もさっぱりさせてから手術にのぞみましょう。手術後は、麻酔がさめてくるまで数時間かかります。麻酔が効いているうちは感覚がないので、頬の内側を噛んでしまっても痛みを感じないことがほとんど。いつの間にか口内が血だらけに…なんてこともあり得ますので、完全に麻酔が切れるまで、飲食は控えるようにしましょう。

手術後は、顔が腫れることがほとんどです。特に腫れが強くなるのは24~48時間後といわれていますが、手術直後から腫れぼったい感覚に襲われる方もいるようです。昔は冷やすとといと言われていましたが、実際は冷やしすぎると血流が悪くなり、せっかくの栄養素が傷に届きにくくなってしまいます。氷などは使わずに、濡らしたタオルを当てるくらいにしておくのがベストですよ。

切開した部分から血が出てくることもあります。このような場合には、清潔なガーゼをあててギュッと抑えましょう。ティッシュで行うとキズに張り付くことがありますので、ガーゼで抑えるのがおすすめです。また、当日に入浴をすると血行が良くなってしまい、せっかく止血していた傷口から再び出血してしまうことがあります。そのため、その日の入浴は控えておきましょう。

手術後の食事について

手術後の食事について
オールオン4は口の中の手術ですので、手術後は食べるものも注意する必要があります。手術後には仮歯が装着されていますが、仮歯は丈夫な歯ではありません。食事中などに硬いものをかんだり、強く歯を引っ張るようなスルメなどを食べると壊れてしまう場合があります。
また、人工歯根は顎の骨に馴染むまでに時間がかかります。数週間~半年くらいは硬いものを食べるのは避けましょう。

基本的に柔らかいものが望ましいのですが、噛まずに飲み込むような食生活が続くと、今度は唾液による消化酵素が十分に食べ物と混ざらないため、結果的に胃腸への負担が大きくなってしまいます。よく煮込んだうどんや、やわらかいご飯やおかゆ、つぶした芋、トロトロに煮込んだ野菜類、卵、豆腐、ヨーグルトなどがおすすめです。およそ2週間経過したら白身魚やひき肉、桃のような柔らかい果物などもよいでしょう。
ちなみに、口の中のケアに良いと言われるガムも避けたほうが無難であるといわれています。歯にくっつくものは、歯に負担をかけてしまうことがあるので、しばらく避けてください。

食後のケア

食後は歯磨きをしていたことと思いますが、オールオン4は人工歯ですので、手術直後はごしごしと磨かないようにします。傷口がふさがるまで時間がかかりますので、処方されたお薬をつけて、回復を待つことが大切です。気になるときには、ぬるま湯でこまめにうがいすると良いでしょう。

口の中を清潔に保つためにブラッシングすることは重要ですが、軟らかい素材の歯ブラシを使って、ゆっくりと優しくブラッシングします。うがいは水道水で十分ですが、どうしてもうがい薬を使いたい場合にはアズレンなどの傷口を修復する作用があるものがおすすめです。殺菌作用が強いものは良い菌も殺してしまって傷の治りが遅らせてしまうことがあるので、使用は控えてくださいね。

■飲酒について

手術当日は飲酒してはいけません。出血したり、感染リスクが上がってしまいます。抗菌剤や鎮痛剤が処方されている間は飲酒しない方無難です。手術からしばらく経過しても、お酒は口の中の状態を悪くすることが多いので、だらだらと長時間飲むようなことは避けるようにしましょう。

■タバコについて

タバコは毛細血管を収縮させ、傷の治りを遅くしてしまいます。せっかくのインプラントと顎の骨の生着も悪くなってしまいます。タバコが好きな方は、口の中に物を入れる時間が長く、インプラント周囲炎などを起しやすいとも言われます。これを機に禁煙することをオススメします。

資料請求
各種クレジットカード
各種クレジットカード(東京・埼玉)
コラム
2017年12月11日
オールオン4という治療方法を聞いたことはあるでしょうか?インプラントとブリッジを
2017年12月4日
歯を失った時、選択肢の一つとしてインプラントがあります。1本ならインプラントかな
2017年11月27日
インプラント治療の1つであるオールオン4は、総入れ歯をしている方や多くの歯を失っ