コラム

オールオン4治療は痛い?歯肉を開かないで施術できるってホント?

2017年11月27日 (月)
インプラント治療の1つであるオールオン4は、総入れ歯をしている方や多くの歯を失った方に適した治療法です。通常のインプラント治療では、失った歯の数と同数のインプラントを埋め込む必要がありますが、オールオン4なら4本のインプラントを埋め込むだけで人工歯を支えることができます。このように画期的な治療法なのですが、治療時に痛みは感じるのでしょうか?

インプラントを埋める方法は2通り

インプラントを埋める方法は2通り
オールオン4の手術では、歯肉を切開してインプラントを埋めるフラップ法と、切開しないでパンチで穴を開けるフラップレス法があります。

■フラップ法

麻酔をして、歯茎を切ってから顎の骨にドリルで穴を開けてインプラントを埋め込みます。

■フラップレス法

麻酔をして、歯茎にドリルで穴を開けて切開はせずにインプラント埋め込みます。

治療は痛いの?

歯肉を切ったり、穴を開けると聞くと、とても痛くて耐えられないように思えるかもしれませんが、オールオン4の治療は、フラップ法でもフラップレス法でもまず麻酔をしてから行いますので、治療中は基本的に痛みを感じることは少ないでしょう。特にフラップレス法の場合は、医科の腹腔鏡下手術と似た方法で行われるため、小さい穴を開けるだけで手術ができます。傷が小さくて済むため、腫れも最小限でおさえられますし痛みもほとんどありません。さらには、抜糸の必要もないので何回も通院しなくてすみます。

歯肉を切開しなくてもいい?

歯肉を切開しなくてもいい?
上でお話したように、フラップレス法なら、歯肉を切開する必要はありません。ならば、全てこの方法で治療すればいいのでは?と思うかもしれませんが、この方法を行うには骨にある程度の高さや厚みが必要になります。インプラントを挿入する部分の骨が少ない場合は、まず骨の造成を行わなくてはならない場合があり、歯肉を切らなければなりません。どちらの方法で治療するかは、自分で選択できるわけではないので、歯医者さんに相談して手術前にきちんと口の状態を診てもらいましょう。

メンテナンスが大事!

オールオン4治療に限ったことではありませんが、完成後の毎日のメンテナンスが非常に重要になります。3ヶ月に1度を目安に歯医者さんで定期検診を受け、メンテナンスをくりかえしていくことで、長持ちさせることができます。インプラント治療のトラブルで多いのは術後の細菌の感染です。口内に細菌が多いと、当然ながら感染する可能性は高くなります。また、研磨剤の入った歯磨き粉を使うと、インプラントに傷がついてそこに着色してしまうことがありますので、注意しましょう。
資料請求
各種クレジットカード
各種クレジットカード(東京・埼玉)
コラム
2017年12月11日
オールオン4という治療方法を聞いたことはあるでしょうか?インプラントとブリッジを
2017年12月4日
歯を失った時、選択肢の一つとしてインプラントがあります。1本ならインプラントかな
2017年11月27日
インプラント治療の1つであるオールオン4は、総入れ歯をしている方や多くの歯を失っ