コラム

オールオン4治療をするのに年齢制限はある?

2017年11月6日 (月)
オールオン4は入れ歯やインプラント・ブリッジのいいとこ取りをした画期的な治療法です。このオールオン4とインプラントや入れ歯との違い、そしてオールオン4をするべき患者さんについても紹介します。

歯がなくならなければオールオン4は出来ない

歯がなくならなければオールオン4は出来ない
オールオン4の適用ですが歯がある人は治療をすることができません。オールオン4の原理はインプラントを4本顎の骨に埋め、その上に一塊となった歯の被せ物(ブリッジが多い)を装着します。
歯がない人に対して入れ歯かオールオン4という選択肢に挙げられているため、基本的に歯がある人には選択肢として挙がることはありません。
では、入れ歯とオールオン4は何が違うのでしょうか

1. 入れ歯よりも安定感がある

オールオン4はボルトを骨に埋めるので、粘膜に吸着させる入れ歯に比べると安定感があります。入れ歯だと天然歯に比べて30%程度しか噛む力が発揮されませんが、安定感があるので噛む力も天然歯並みに出すことができます。

2. 入れ歯に比べメンテナンスが必要

入れ歯は粘膜との吸着を重視して定期検診を行います。粘膜としっかり吸着しているか、粘膜との結合があっているか検査をするのが入れ歯の定期検診です。オールオン4のメンテナンスはインプラントに準じて行われます。インプラントは処置後にどれだけ丁寧なケアをするかで予後が変わってきます。オールオン4も同じで定期的に歯医者さんで徹底したメンテナンスが必要です。
また、患者さん自身で行うセルフケアも重要になります。

3. 患者さんの制限がある

入れ歯は型取りをするだけなので比較的簡単につくれます。オールオン4は外科処置が必要になるので血が止まりにくい薬を飲んでいる患者さんや、骨粗鬆症の薬を飲んでいる、コントロールされていない高血圧患者の方は外科処置ができないことがあります。
また外科処置に対して恐怖心が強い人やタバコを吸う患者さんもよく歯医者さんと相談してからオールオン4を決定したほうが良いでしょう。

4. 費用がかかる

入れ歯は保険診療が効くのでオールオン4に比べると安価です。オールオン4は保険が利かないので自費診療となります。

インプラントとオールオン4の違い

インプラントとオールオン4の違いは1本のボルトに対して何歯分の荷重がかかるかです。インプラント治療であれば1本のボルトに1歯分の荷重がかかりますが、オールオン4では4本のボルトに約24歯の荷重が分散してかかります。
また、24歯に対して4本しかボルトを埋めないの?と不安になる人が多いのですが、4本のボルトだと埋める方向や角度もインプンラントに比べて自由度が出てきます。
インプラントであれば顎の骨に対して垂直になるようにボルトを埋めるのが一般的ですがオールオン4は斜めに埋めることができます。斜めにボルトを埋めた後に垂直になるよう角度を変えるコネクトをつけると、インプラントのように垂直にブリッジが被さるようになっています。
こうして、インプラントを応用した治療法がオールオン4です。オールオン4によってインプラントができないと言われていた患者さんもオールオン4であればできるようになりました。

オールオン4をするべき人・しない方が良い人

オールオン4をするべき人・しない方が良い人
一体どういう人がオールオン4をするべきなのでしょうか。またオールオン4について検討すべき人はどう言った患者さんなのでしょうか。

■するべき人

<歯がない人>
歯が生えているとオールオン4よりも部分入れ歯やインプラントの方が適切です。ただ、片顎の歯がほとんどない場合にはオールオン4をおすすめします。
<しっかりと噛みたい人>
入れ歯に比べてボルトが骨と結合しているので実際の自分の歯で噛んでいるような感覚になります。入れ歯よりも高い安定感を得て噛みたい人はオールオン4にしてみてはいかがでしょうか。

<嘔吐反射がある人>
入れ歯をつけている人は上顎の粘膜に入れ歯が被さると嘔吐反射が出ることがあります。嘔吐反射とは喉元に異物が入ると吐き出そうとする生理現象で嘔吐反射が強い人は入れ歯を装着できません。オールオン4であれば、粘膜に異物感を与えることなく使用できるので嘔吐反射がある人はオールオン4を検討しましょう。

<口が大きく開かない>
インプラントの比較でも書きましたが、オールオン4はボルトを斜めに埋めることができます。もし、奥歯にインプラント治療をするときはボルトを奥歯まで入れなければいけなく、その際は患者さんに大きく口を開いていてもらわなければいけません。しかし、オールオン4であれば斜めにボルトを入れることができるので奥歯でも患者さんにそこまで大きく開いてもらう必要がないのです。

■適していない人

<タバコを吸う人>
インプラントでもタバコを吸う人の治療予後は悪いという研究結果が出ています。タバコを吸っていてもプラークコントロールができていれば問題ありませんが、タバコを吸っていて磨き残しが多い人はオールオン4の治療を受けても短期間で使えなくなってしまうことがあります。

<歯ぎしりをする人>
歯ぎしりとは寝ている時などに無意識で起きてしまいます。ボルトに対しても過度の力がかかるとボルトがダメになってしまうことがあり、歯ぎしりをする患者さんにはあまり進めることができません。

オールオン4に年齢制限はあるか

オールオン4に年齢制限はありません。ただ、歯が抜けないと適用にならないので10代や20代など若年層でオールオン4を行う患者さんは少ない傾向にあります。総入れ歯が増える60代や70代が適用年齢のピークです。
また年齢の上限もないですが90代の患者さんでオールオン4を行うのは、体調や病気のリスクから、好ましくないといわれています。患者さんの持病が悪化しない中高年のうちにオールオン4を施術するのが良いのではないでしょうか。
資料請求
各種クレジットカード
各種クレジットカード(東京・埼玉)
コラム
2017年11月20日
新しい治療法として歯科業界を牽引しているのがオールオン4です。オールオン4はイン
2017年11月13日
インプラントにどのようなイメージを持っていますか?多くの患者さんが口にするのは「
2017年11月6日
オールオン4は入れ歯やインプラント・ブリッジのいいとこ取りをした画期的な治療法で