コラム

歯周病予防の為に“歯と歯茎の間を磨く”毎日のセルフケア!

2017年10月4日 (水)
成人の多くがかかっていると言われるのが歯周病です。日本では歯周病患者は330万人ともいわれています。しかし、この330万人のうちの多くは歯周病という自覚はなく歯科医院へ通院もしていないのが現状です。歯周病治療となったときに治療の成果を左右させるのが「歯磨きの仕方」です。あまり知られていない歯周病予防にも最適な歯磨きの方法をご紹介します。

虫歯はないけど歯周病になっていることってある?

虫歯はないけど歯周病になっていることってある?
「虫歯は何年もないから歯医者へは行っていない」という人や、「痛くなっていないから歯は大丈夫」という人がいます。しかし、口や歯の問題は、痛みがあるかないかだけで判断するものではないのです。
歯周病は症状が出ないまま進行していきます。歯磨きをしたときに歯茎から血が出てもあまり気にする人はいないかもしれませんが、これは歯周病の初期症状なので覚えておきましょう。歯茎から血が出るのは歯肉炎と呼ばれていて歯茎に炎症が起き始めている証拠です。症状が進行してくと、口臭が強くなる、歯が浮いたような感じがする、歯がグラグラする、食べ物が歯と歯の間に挟まりやすくなるといったことが自覚症状として出てきます。
虫歯がないからと放置しておいた人や、痛みがないから歯科医院にはいかないという人でもこのような事態にはなりかねません。

歯周病の治療方法

歯医者さんで、歯周病の治療をする場合、まず「基本治療」というものを行い歯周病の増悪因子であるプラークを除去します。この基本治療を繰り返すことで、歯周病の進行を止めることできます。
基本治療は何種類かあります。

1. 口腔清掃指導

歯磨きがきちんとできていないために歯周病になっている方が多いです。中には歯磨きの習慣がない患者さんもいます。患者さんに歯磨きの習慣をつけることと、治療に対してのモチベーションを高めてもらいます。

2. スケーリング・ルートプレーニング

歯周病患者さんの口の中をクリーニングすることをスケーリングと言います。スケーリングでは超音波を使用して歯についている歯石や着色汚れを落とします。
スケーリング後は歯石や汚れが落ちたところが凸凹した形状になっています。そのまま凸凹の状態だとそこへ汚れが溜まりやすくなるので滑沢にします。その作業をルートプレーニングといいます。

3. 咬合調整

歯周病が進行していくと歯がグラグラすることがあります。それに伴い、痛みが発生することもあるので、歯がグラグラしないように他の歯とかみ合わないよう噛み合わせを合わせます。よく金属の被せ物や虫歯の治療の後に、カチカチ噛んでくださいと言われると思います。それは咬合調整をしているのです。

4. 悪習癖の改善

口呼吸の人は鼻呼吸の人に比べ歯周病のリスクが高いと言われています。歯周病が進行しないためや、治療後に再発しないために口呼吸の患者さんは鼻呼吸になるようにしてもらいます。また、喫煙も歯周病に大きな影響を与えるので喫煙と歯周病の関係性について説明して禁煙をしてもらいます。

5. 歯周病治療以外の歯の治療

歯に合っていない被せ物は隙間にプラークがたまりやすく歯周病の進行に拍車をかける可能性があります。そう言った不適合な被せ物は除去し、新しい被せ物を作ります。他にも、歯がグラグラで今にも抜けてしまいそうな場合は保存することが困難と判断され抜歯されることもあります。

歯磨きは1日にして成らず

歯磨きは1日にして成らず
毎日歯医者さんへ通う訳にもいきませんし、歯科医院で基本治療を受けているからといって100%歯周病が改善されるとも限りません。歯磨きをしっかりするというセルフケアを行わないと歯周病は改善されてこないのです。
歯磨きは今まで患者さんが磨いてきたやり方やクセがあり、そう簡単に歯周病対策用の磨き方ができるとは限りません。なので、最初は歯科医院へ通院しながら歯磨きがしっかりできているのかを教えてもらいましょう。
歯科医院では「バス法」と呼ばれる磨き方を推奨しています。
この磨き方は、歯と歯茎の間にブラシを入れて小刻みに揺らしながら、歯周ポケット内部の汚れを落とすというものです。難しい磨き方で、習得するまでには時間がかかりますが習得してしまえば歯周病予防に最適といえます。この方法を習得するために、まず歯がどれくらい磨けていないのかを調べる「染め出し」ということを行います。染め出しは小学校の時にやった記憶があるのではないでしょうか。口の中をピンク色に染める液体でゆすいで口の中のプラークに色をつけます。患者さんはそれぞれ磨き方にも個性があるので必ず磨けていないところが出てきます。しかし、多くの患者さんで共通しているのが歯の根元のところに磨き残しが多いということです。

セルフケアが大切!

基本治療で歯周病治療に対するモチベーションを上げ、歯磨きの習慣をつければ歯周病治療はそう時間をかけることはないでしょう。根気強く正しい歯磨きを実践していくことが大切になります。
資料請求
各種クレジットカード
各種クレジットカード(東京・埼玉)
コラム
2017年12月11日
オールオン4という治療方法を聞いたことはあるでしょうか?インプラントとブリッジを
2017年12月4日
歯を失った時、選択肢の一つとしてインプラントがあります。1本ならインプラントかな
2017年11月27日
インプラント治療の1つであるオールオン4は、総入れ歯をしている方や多くの歯を失っ