コラム

歯周病でお困りの方必見!「オールオン4」で自慢の笑顔を取り戻そう!

2017年09月25日 (月)
歯周病の人は、放置していると最終的に歯が抜け落ちてしまいます。
歯が抜けてしまうと食事をすることができなくなり、会話もしにくくなり、見た目が悪くなるので外へ出ることも嫌になってしまいかねませんよね。
せっかく入れ歯を作っても合わないことや、笑顔が不自然になってしまうこともあります。
そんな人にオススメしたいのがオールオン4です。

歯周病は歯が抜ける一番の原因

歯周病は歯が抜ける一番の原因
歯周病は、歯が抜けてしまう原因の第一位として、長く人々を困らせています。
歯周病は歯ぐきの下側で起きている病気で目には見えないところが病気で侵されるため、進行が進んでから歯科医院へ行く人が多いのです。
歯周病は最終的に歯が抜けてしまいますが、患者さんの意識にもよりますがほとんどの人は歯がグラグラしてきてから受診する人が多いです。
歯が抜けてしまうと食事がしにくいことだけではなく、会話がしにくいことや見た目も悪くなってしまいます。
そうすると、何かで歯の代わりを担わなければいけなくなります。選択肢は歯が残っていれば差し歯やブリッジ、部分入れ歯、インプラント、歯が全くなければ入れ歯やインプラントです。
歯が全くない状態では、最優先で入れ歯が選択されることが多いです。理由としては、保険診療がきくので患者さんの経済的負担がインプラントに比べて安く済むというものが挙げられます。インプラントと違う点ではインプラントに比べて修理がしやすいことも挙げられます。

入れ歯をしても歯周病だと痛みが出ることがある

歯周病の患者さんは、顎の骨が溶けることや歯ぐきがグジュグジュな状態になることが問題点です。
顎の骨が薄くなっていくと入れ歯をしても骨の厚みが薄いところがあるので痛みが出ることがあります。
それに歯ぐきも歯周病でグジュグジュになっている場合入れ歯は安定しないですし、入れ歯を入れているだけで痛くなることもしばしばあります。
それに噛み合わせを調整するために何度も通院してもらうことになります。
歯周病は入れ歯を選択しようとしている人にとって大きな壁になっているのです。

歯周病の人でこそオールオン4

歯周病の人でこそオールオン4
オールオン4はインプラントを4本埋めてその上にブリッジを装着するというものです。インプラントは、骨が最も厚くて骨の中に走っている神経もないところへ埋めるので、歯周病の人でも問題ありません。
インプラントと同じように定期的に歯医者さんへ定期検診に通ってもらう必要はありますが入れ歯に比べると、誰でもできる治療ではないのでトラブルの発生も少ないです。
資料請求
各種クレジットカード
各種クレジットカード(東京・埼玉)
コラム
2017年10月11日
病気やケガ、あるいは加齢によってすべての歯をなくした方への治療法は、総入れ歯が主
2017年10月4日
成人の多くがかかっていると言われるのが歯周病です。日本では歯周病患者は330万人
2017年09月25日
歯周病の人は、放置していると最終的に歯が抜け落ちてしまいます。 歯が抜けてしまう