コラム

入れ歯が合わないときは…「オールオン4」で食事や会話も快適になります!

2017年09月18日 (月)
せっかく何度も歯科医院へ通ったのに、入れ歯が合わない…。やっと入れ歯を作ったけれど会話がしにくい…ということも解決してくれるのが、オールオン4という術式です。
オールオン4は、インプラントを使ってブリッジを上にかぶせるものですが、オールオン4を使用すれば入れ歯のデメリットを解決して入れ歯のメリットとインプラントのメリットを得ることができます。入れ歯が合わなくて何度も歯医者さんへ相談している人は、オールオン4を検討してみてはいかがでしょうか。

入れ歯とオールオン4

入れ歯とオールオン4
入れ歯は歯が1本も残っていない人が使用するもので、歯茎に吸着させて口の中で安定させます。オールオン4と比べると、製作日数は短く、費用も保険診療がきくので安価ですが、うっかり落としてしまうと割れてしまうこともあり、入れ歯自体に強度はありません。
オールオン4はインプラントを4本埋めて、その上にブリッジをかぶせるというものです。入れ歯に比べると費用や術者の技術力が関与してきますが、入れ歯のように口の中全体に広がる構造ではないので不快感や会話がしにくいというデメリットは起きません。歯の部分もブリッジなので、意図的に外さなければ自然に落ちることもなく、寝ているときにも装着していることができます。

オールオン4にしかできないこと

入れ歯では人工の歯や歯茎が一体化していて不自然な印象を受けることがありますが、オールオン4は1本1本ずつ作成した被せ物を一塊にしてブリッジを製作します。歯茎は患者さん自身の歯茎なので自然な仕上がりに近いです。
さらには、入れ歯では人工の歯が擦れやすく自然に削れやすい材料ですが、オールオン4では陶材と呼ばれる材料が使用されることが多いです。陶材はお茶碗にも使用されていて汚れがつきにくく落ちやすいというメリットがあります。

オールオン4は実際に噛んでいるような感覚がある

オールオン4は実際に噛んでいるような感覚がある
入れ歯は歯茎に吸着させ安定させているので、歯茎を使って食事をするという考え方です。しかしオールオン4は、インプラントを顎の骨に埋めているのでまるで自分の歯が生えていたときと同じ感覚で快適に食事をすることができます。
人間の骨は、歯が抜けてなくなってしまうと活動を停止してしまって、骨が吸収されてしまいます。インプラントは歯の代わりになるので歯が残っていると骨に伝えて骨の吸収を防止してくれます。骨が残っているということは、食事をするときに噛んでいる感覚を得ることができるので、とても重要です。

資料請求
各種クレジットカード
各種クレジットカード(東京・埼玉)
コラム
2017年11月20日
新しい治療法として歯科業界を牽引しているのがオールオン4です。オールオン4はイン
2017年11月13日
インプラントにどのようなイメージを持っていますか?多くの患者さんが口にするのは「
2017年11月6日
オールオン4は入れ歯やインプラント・ブリッジのいいとこ取りをした画期的な治療法で