コラム

日本ではまだ数の少ないザイゴマインプラント治療とは?

2017年08月14日 (月)
インプラント治療やオールオン4治療は、上顎や下顎にインプラントを埋め込むことで、人工歯を支える治療法ですが、顎骨がインプラントを埋め込むのに適応していない場合は、治療を行えないというケースもあります。オールオン4治療では、ある程度強度のある部分を選んでインプラントを埋め込みますが、患者さんによっては、どこを選んでも強度が足りないくらい顎骨が弱っていてオールオン4治療もできないということもあります。そこで開発されたのがザイゴマインプラントと呼ばれる、まだまだ日本では症例が少ないインプラント治療法です。今回は、このザイゴマインプラントについてご紹介したいと思います。

ザイゴマインプラントの治療方法とは

ザイゴマインプラントの治療方法とは
ザイゴマインプラントとは、インプラントやオールオン4治療ができないほど顎骨が不足している患者さんでも、長いインプラントを使用して人工歯を埋め込めるインプラント治療です。ザイゴマは頬骨を意味しており、ザイゴマインプラントでは通常のインプラントと違い、頬骨にインプラントを埋入して人工歯を支えるための治療を行います。つまり、上顎の状態が弱っていて、インプラント治療に必要な強度が残っていない方にも、骨移植などの複合治療を行うことなくインプラントの埋入を行い、短期間の治療で人工歯によって元の自然歯のような噛みごたえを手に入れることが可能になりました。ザイゴマインプラントでは、従来のインプラントやオールオン4治療よりもさらに長い、30mm~50mmの長さのインプラントを使用します。上顎には、副鼻腔と呼ばれる空洞がありますが、その先の頬骨にインプラントを固定するため、これだけの長さのインプラントを使用しなければなりません。そのため、治療する歯医者さんにも高い技術が必要となります。日本ではまだこのザイゴマインプラントを導入している歯科医院は少なく、聞きなれないということもあるかもしれませんが、頬骨には非常に硬い骨があることから、インプラントの埋入源としては理想的な部分でもあり、顎骨が弱っていてインプラントが難しいと言われた患者さんでも、治療が可能な場合は多いとされています。歯医者さんで、顎骨が足りないから治療が難しいといわれた方にはおすすめできる治療法といえます。

ザイゴマインプラントの治療期間はどのぐらいかかるの?

従来のインプラントでは、上顎の場合には歯槽骨とインプラントの結合におよそ半年ほどかかるので、治療期間も長く患者さんの負担も大きい治療といえます。ザイゴマインプラントの場合、オールオン4治療と同様に、インプラント治療をしたその日から仮歯を装着することが可能になり、治療した当日の夜から食事をすることもできます。
ザイゴマインプラントは特殊オールオン4治療とも呼ばれる治療法で、オールオン4治療とよく似た治療法です。一方で、オールオン4治療とザイゴマインプラントの違いは、前歯部の骨が少ない患者さんの場合、オールオン4治療でもサイナスリフトと呼ばれる、骨造成手術を行い、半年以上待ってからでないと治療が行えないというケースがありますが、ザイゴマインプラントの場合、硬い頬骨にインプラントを埋入するため、顎骨が弱っている方でもサイナスリフトなどの治療を行わずに、インプラントを埋入して治療を行うことができます。

ザイゴマインプラントが必要な患者さん、逆に治療ができない患者さんとは?

ザイゴマインプラントが必要な患者さん、逆に治療ができない患者さんとは?
ザイゴマインプラントはオールオン4治療と同様に、総入れ歯の方や、多くの歯を失った方におすすめできる治療です。特に、長年にわたって総入れ歯を使用している方ですと、顎の骨が弱ってしまい、インプラントに耐えられる強度が残っていないという方もいらっしゃいます。そうした方には、ザイゴマインプラントによって、強度な骨を有する頬骨にインプラントを埋め込み、上の歯を支えて機能させるザイゴマインプラント治療をすすめることがあります。逆に、ザイゴマインプラントをおすすめできない患者さんもいらっしゃいます。ザイゴマインプラントの場合、副鼻腔の先にある頬骨にインプラントを埋め込みます。そのため、副鼻腔感染症にかかっている患者さんには治療をおすすめできないのです。副鼻腔感染症にかかっていると、咳やくしゃみ、鼻水などの風邪に似た症状が出て、慢性化すると嗅覚異常が出ることもあります。原因は、ウイルスによる感染や虫歯の進行である場合もあります。上の歯の場合、歯の根である神経付近に上顎洞があるため、虫歯の進行度合いによっては上顎洞にまで虫歯菌が侵入し、副鼻腔感染症を起こしているというケースもあります。副鼻腔感染症にかかっている場合には、歯の根の治療や抜歯といった治療が必要になります。ザイゴマインプラントの治療によって、副鼻腔感染症の細菌感染を起こしやすくしてしまい、症状の悪化や最悪の場合インプラント治療の失敗という可能性もあることから、治療ができない場合があるのです。

資料請求
各種クレジットカード
各種クレジットカード(東京・埼玉)
コラム
2017年11月20日
新しい治療法として歯科業界を牽引しているのがオールオン4です。オールオン4はイン
2017年11月13日
インプラントにどのようなイメージを持っていますか?多くの患者さんが口にするのは「
2017年11月6日
オールオン4は入れ歯やインプラント・ブリッジのいいとこ取りをした画期的な治療法で