コラム

オールオン4の手術が受けられる年齢とは?

2017年06月19日 (月)
オールオン4とは、最小限の本数のインプラントを骨に埋め込むことで多くの歯を補てんできる治療法です。治療当日から食事や会話ができる、施術による腫れ、痛みがない、また、骨が少ない方でも施術できるなど、多くのメリットがある方法です。さらに、見た目が美しくなるため、多くの方に支持されている施術方法です。そんなオールオン4の手術は、何歳から受けられるのでしょうか?今回は手術可能な年齢の幅とその理由、そして早めに受けるべきかどうかの判断基準などを説明していきます。

16歳以降に手術を受けることが可能に

16歳以降に手術を受けることが可能に
明確に決められているわけではありませんが、インプラント治療の場合、手術を受けられるのは、16歳からとされています。人の骨に直接埋め込むことから、骨の成長が十分ではない時にインプラント治療をしてしまうとその部分の骨の成長だけに違和感が出てしまったりするため、人の骨の成長がほぼ完了するといわれている16歳が治療を受けられる基準年齢になっているのです。
これはオールオン4でも通常のインプラントでも同様であり、いくらオールオン4が骨の少ない部分でも手術が可能なものであっても、骨の成長が続いている間は治療を行えません。

加齢による骨密度低下が及ぼす手術への影響

一般的に、年齢が高くなればなるほど骨密度が低下してきますので、インプラントが入れられないケースも多くなってきます。そういった場合、オールオン4では、あらかじめ骨の丈夫な部分を選んでインプラントの挿入をすることができるため、高年齢の方でも比較的容易に受けることができるということになります。
また、多くの歯を入れなければいけない場合、施術期間が長くなるため、体力的に厳しいという場合も出てきます。そんな場合も、4本という最も少ないインプラント手術で済むオールオン4であれば、体力的にも治療期間的にも大幅に減少することができるようになります。

早めの施術には、長期的なリスクも

早めの施術には、長期的なリスクも
実際には16歳から手術を受けることができるインプラント・オールオン4ですが、インプラント治療は開始する年齢が高くなればなるほどリスクを回避できるといわれています。なぜかというと、インプラントの使用期間が長くなればなるほど、歯周病や噛み合わせによる不具合という問題が出てくる可能性が高まるからです。まずはしっかりと自分の状況を考慮しつつ、歯科医院で歯医者さんと相談し、施術を受ける・受けないという判断をしていきましょう。

資料請求
各種クレジットカード
各種クレジットカード(東京・埼玉)
コラム
2017年12月11日
オールオン4という治療方法を聞いたことはあるでしょうか?インプラントとブリッジを
2017年12月4日
歯を失った時、選択肢の一つとしてインプラントがあります。1本ならインプラントかな
2017年11月27日
インプラント治療の1つであるオールオン4は、総入れ歯をしている方や多くの歯を失っ