• 歯周病治療を保険で受ける場合必要な治療

    いまや歯周病は歯を失う原因の1位になっているほど、とても恐ろしい病気です。初期段階から歯科医院で適切に治療、また自宅での生活習慣の改善なども一緒に行う必要があります。では、歯周病治療とは、保険を受けられるのでしょうか。今回は、保険を受けられる処置とそうではない処置の違いを説明します。

    歯周病治療の基本である歯石除去

    歯周病治療の基本である歯石除去
    歯周病は、歯茎と歯の間の歯石が増え歯石を住みかにした細菌が繁殖して毒素を出すことが原因です。まず歯周病ケアとしては歯石除去が挙げられるでしょう。歯石除去には、保険適応と保険適応外に分かれているので注意しましょう。保険適応の歯石除去ができるのは、歯周病や虫歯を持っている患者さんのみです。つまり、歯石は虫歯や歯周病を悪化させるため、治療の一環として除去を行ってくれるということです。ちなみに、歯石除去は規則上、左右の奥歯と前歯、上下6ブロック中3ブロックのみ行うことができます。一回につき数千円かかりますが、その回数によってかかる日数が変わります。

    歯石除去はその種類でその日数が変わる

    ちなみに、歯石には、歯肉縁上歯石と歯肉縁下歯石があります。歯肉縁上歯石は、歯茎の上にできる歯石であり、簡単に一回で落とすことができますが、歯肉縁下歯石は歯茎下にできるため、直接見ることができず、かつ頑丈に歯に付着しています。そのために、数回に分けて落とす必要があるということを覚えておきましょう。

    急ぎの場合は保険適応外になることも

    急ぎの場合は保険適応外になることも
    歯周病であり、保険が適用される場合でも、急ぎで歯周病を落としたいという場合は、保険適応外で対処することも実は可能です。なぜなら、保険適応外の場合は、歯石除去を数回に分ける必要はなく、極端にいえば一度の来院で歯石の全てを落とすことができるからです。歯医者さんによって金額にはかなりの差がありますので、できるだけ安く、品質がいいところを選ぶことを心がけましょう。

    保険適応外と言われた場合も、しっかりと確認を

    基本的に歯周病は病気ですので、診断された際には保険が適用されると考えてよいです。ただし、治療期間の短縮や歯周病組織の再生療法などを希望する場合、それらは特別な措置として保険適用外になることがあるので注意しましょう。なお、歯医者さんによっては自費治療を進めてくる場合も少なくありませんが、保険治療内でその歯科医院がどこまで対処してくれるのかということをしっかりと確認しましょう。

お問い合わせ

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい

  • 埼玉 和光市/朝霞048-462-1800
  • 東京 高島平/西台03-3550-1800
  • 静岡 伊東/伊豆0557-51-3418
  • 神奈川大磯町0463-62-1801
  • インプラント専用フリーダイヤル0120-941-801

月火水9:30-17:30 / 金9:30-19:00 / 土9:30-17時 休診:木日祝

お問い合わせ・資料請求