コラム

歯ぎしりをする人の為のオールオン4の対策

2017年05月22日 (月)
オールオン4とは、4本という最小限のインプラント数で手術を終える最新のインプラント手術法です。多くの歯を失っていたり、骨移植などの手術が必要で通常のインプラント手術が難しいと言われている方にとってはとても適している手術として人気を博しています。オールオン4はメリットの多い手術ですが、術後のメンテナンスは当然ながら気を付けなければなりません。特に歯ぎしりや、歯を食いしばる癖がある方は要注意です。今回はそういった場合の対策をご紹介していきます。

インプラントにはクッション機能がない

インプラントにはクッション機能がない
そもそもインプラントには、もともと自然の歯に備わっている歯根膜という衝撃を和らげる役割をするものがありません。そのため手術後に歯ぎしりなど、噛む力の強さから歯周病を引き起こしてしまう可能性もあります。インプラントは天然の歯よりもデリケートということを覚えておきましょう。特に歯ぎしりは就寝時に起こります。そのため、就寝時にマウスピースを装着することによって予防できる方法があります。こういった場合のマウスピースは、ナイトガードと呼ばれますが、ナイトガードは保険診療が適応されますので、歯医者さんで自分の歯の型を取ったものを作ることができます。ぜひ歯科医院で相談してみましょう。

天然歯がある場合は、インプラントの深さを調整する

歯ぎしりは天然の歯でも削れてしまうすごい圧力があります。そのため、歯ぎしりで天然歯が削れている方には、そもそもインプラントの治療をすすめない歯医者さんも多いです。また、オールオン4の程度にもよりますが、口の中に、天然の歯とオールオン4のインプラントが共存する場合には、被せものを天然の歯よりも若干低く調整することもあります。そうすることで、ものを噛んだ時に、天然の歯にあるクッション機能でインプラントと同じ高さになり、インプラントにかかる負担を減らせるようになるというわけです。

まとめ

まとめ
いかがでしたでしょうか。オールオン4のみならず、インプラント手術をした場合、日頃の癖としての歯ぎしりは、根本的に治すか、治さない場合はそれなりのメンテナンスが必要になってきます。治療後の定期検診や自宅での口腔内の手入れなどをしっかりと行いましょう。また、歯ぎしりは自覚症状がない場合も少なくありません。もし、ご家族の方や歯医者さんに指摘された場合は自分の歯ぎしり癖を受け入れて、ぜひとも対策に役立てることをおすすめします。

資料請求
各種クレジットカード
各種クレジットカード(東京・埼玉)
コラム
2018年06月18日
1日で自分の歯を取り戻し、違和感なく噛むことができるとしてとても人気の「オールオ
2018年06月4日
オールオン4という名の歯科治療が気になっている方は多いのではないでしょうか?イン
2018年05月21日
オールオン4という歯科治療をご存知でしょうか?歯周病や虫歯などで、歯を多く失って