• 歯周病の始まりと歯の喪失までの流れ

    日本人の成人の8割が予備軍といわれている歯周病。歯周病にならないためには、普段から歯をきれいにしたり、歯医者さんなどに定期的に検診に行ったりして、お口の中の健康をケアすることが大切です。とはいえ、忙しくてついつい歯磨きが雑になってしまったり、歯医者さんに通いそびれてしまっているという方も多いのでは。そんな方に、今回は歯周病の始まりや歯周病による歯の喪失までの流れをご紹介したいと思います。

    まさか自分が歯周病!?自覚もなく発症する厄介な歯周病とは

    まさか自分が歯周病!?自覚もなく発症する厄介な歯周病とは
    歯周病は、ある日突然症状が出る病気ではなく、気づかぬうちにジワジワと歯を蝕んでいく厄介な特徴があります。そのため、歯周病に感染したことが分からずに、気づいた時には歯周病になっていたなんてことがあります。歯周病になって治療をせずに放置をしておくと最悪の場合、歯が抜け落ちてしまい、会話や食事に影響が出るとともに、健康的な生活に困難をきたす原因にもなります。そうならないためにも、お口の中で発している小さなサインを見逃さないようにすることが大切です。歯周病になるまではいくつかの段階に分かれるので、その変化を見ていきましょう。

    歯周病で歯が抜けるまでの過程とは

    健康な状態では、歯と歯茎の間に1~2ミリ程の隙間があります。この隙間に食べかすなどのプラーク(歯垢)が溜まると、虫歯になったり歯茎に炎症がおこったりします。炎症が起きると隙間は2~3ミリに広がります。この状態を歯肉炎と言います。歯肉炎を放置していくと、歯周病菌が侵入し歯を支えている歯槽骨や歯根膜が破壊されてしまいます。この状態を軽度の歯周炎と言います。炎症がさらに拡大し、歯槽骨や歯根膜の破壊が半分近くまで進むと、隙間も4~7ミリにまで広がり、歯がだんだんぐらつき始めます。さらに放置を続けていくと、最終的には歯槽骨が半分以上破壊され、歯の隙間も広がり続けます。そうなれば歯を支える力が歯茎になくなるため、歯が抜け落ちてしまいます。

    歯周病を治すことはできるの?

    歯周病を治すことはできるの?
    歯周病は歯茎の炎症から始まる病気で、症状の悪化とともに歯槽骨や歯根膜の破壊が進みます。歯茎の炎症である歯周炎の段階であれば、治せる可能性はありますが、歯槽骨や歯根膜の破壊までいってしまうと元通りに治すことができません。つまり、歯周病で歯を失わないようにするためには、歯周炎にならないようなケアをすることと、歯周炎になったらすぐに治療することが大切になります。そのためにも、歯茎の腫れなどのお口の中の変化を放置せず、歯周病を予防していきましょう。

お問い合わせ

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい

  • 埼玉 和光市/朝霞048-462-1800
  • 東京 高島平/西台03-3550-1800
  • 静岡 伊東/伊豆0557-51-3418
  • 神奈川大磯町0463-62-1801
  • インプラント専用フリーダイヤル0120-941-801

月火水9:30-17:30 / 金9:30-19:00 / 土9:30-17時 休診:木日祝

お問い合わせ・資料請求