コラム

若いうちから総入れ歯!?そんな悩みをオールオン4で解決!

2017年05月8日 (月)
歯が弱い方、事故などで若くして歯を多く失ってしまった方、また、インプラントを挿入するには骨が足りないという方にとって、歯の手術をすることは日々の生活にも深く関わって来ますので重要です。若いうちに歯の手術をする場合において、どのような選択肢があるのかを説明して参ります。

最も簡単な方法が「総入れ歯」

最も簡単な方法が「総入れ歯」
まず考えられる歯の施術は総入れ歯です。しかし、若くしての総入れ歯にすることに抵抗がある人も多いのではないでしょうか。入れ歯のメリットには「簡単に済む」ということが挙げられますが、デメリットとしては見た目が美しいとは言えない点が大きいのではないでしょうか。自分の歯でないため、顔のたるみも多くなる傾向にあります。

通常のインプラントよりも、オールオン4がおすすめ

多くの歯を失っている場合、その一つ一つを全てインプラントにするというのは難しいです。ですが、その悩みもオールオン4で解決できます。オールオン4とは、骨を埋め込むインプラントの数を4本にした最新のインプラント手術のことです。これまでインプラント手術では対応できなかった方にとって、お勧めの治療法として認知度が高まっています。

オールオン4のメリット・デメリット

オールオン4のメリット・デメリット
オールオン4のメリットの一つとして、経済的負担が少なくてすむということが挙げられます。総義歯(インプラント)にすると何百万円もかかってしまうということもありますが、オールオン4は4本のインプラントで顎にすべての歯をしっかりと固定しますので、コストも同様に少なく済みます。またすべての歯がしっかりと固定されるということは、顔の造形的には自分の歯と全く同様のはずですのでほほや口周りの皮膚のたるみもなくなっていきます。そういった意味でも、総入れ歯よりもいい判断かもしれません。また、オールオン4のメリットは、咀嚼機能に優れている(なんでも噛める)、固定されているので食事や会話に影響がないなどのメリットもあります。

そもそも歯を失わないように気を付けよう!

若くして歯を失ってしまうことにはいろいろな弊害があります。事故など、仕方ないケースもありますが、そもそも歯を失わないように自分でケアができるに越したことはありませんよね。昔、日本人が歯を失う第一の原因は虫歯でしたが、最近では歯周病が一番の原因です。定期的に安藤歯科で歯医者さんに診てもらうということを若いころからしっかり行い、歯を失わないようにケアしていきましょう。

資料請求
各種クレジットカード
各種クレジットカード(東京・埼玉)
コラム
2017年09月18日
せっかく何度も歯科医院へ通ったのに、入れ歯が合わない…。やっと入れ歯を作ったけれ
2017年09月11日
生活習慣病である糖尿病と歯周病ですが、実は、この両者が結びついているということま
2017年09月1日
最近、街中でもインプラント治療を行っているという歯医者さんをよくみかけるのでない