• オールオン4はどうして4本だけで大丈夫なの?

    事故や病気などで多くの歯を失った方、総入れ歯の方などが快適に過ごすために注目されているのがインプラントです。オールオン4は、インプラント治療の術式のひとつで、ポルトガル・リスボンの歯科医師によって開発された画期的な治療法です。

    オールオン4は費用面・精神面から患者さんの負担が少ない治療法

    オールオン4は費用面・精神面から患者さんの負担が少ない治療法
    自身の歯がまったくない総入れ歯の方の場合、これまで片側10~14本のインプラントを埋め込んで義歯を装着する治療法が一般的とされていましたが、オールオン4は上下12本の歯をそれぞれ4本のインプラントで支えます。
    インプラントの治療費用は通常、埋め込むインプラントの数で決まります。また、埋め込む本数が多いほど手術時間が長引き、術後の回復も遅れてしまいます。少ない本数でより多くの歯を支えるオールオン4は、インプラントの数が4本だけですので費用面・精神面から患者さんの負担が少ない治療法として、欧米では主流になっています。

    4本だけの足でも義歯が安定する

    一般的に、歯を失った人はあごの骨が少なくなっています。これまでのインプラントだと、それぞれのインプラントを顎の骨に向かって垂直に埋め込んでいました。そのため、歯の本数の分だけインプラントが必要になり、多くの本数が必要とされていたのです。あごの骨がたりない場合は、骨の造成や移植が必要とされたため、複数回にわたる手術が必要で、その分患者さんの費用や体力的な負担も多くなってしまいます。
    一方、オールオン4では骨が残っている部分に向けてバランス良くインプラントを斜めに埋め込んでいくことで、すべての歯を支えることに成功しました。イスの足と同じ原理で、4本の足で支えることで義歯が安定するのです。
    インプラントはクギ状の金属なので、埋め込んだ1本1本の距離が近すぎると、歯茎の血行をさまたげることがわかっていました。その点でも、少ない本数で間隔を空けてインプラントを埋め込むオールオン4はすぐれているのです。

    オールオン4なら手術当日からものが噛める

    オールオン4なら手術当日からものが噛める
    オールオン4の手術では、その日のうちに仮歯をとりつけてしまいます。仮歯は強い力がかかると壊れてしまいますが、やわらかいものであればその日から食べることができます。歯が入っているので、見た目にも自然です。最終的にできあがったオールオン4の義歯は強度も十分で、自分の歯と同じようにかむ力を取り戻すことができます。
    わずか1日の手術で、美しい歯並びとかみ合わせを取り戻すことができるオールオン4。気になる方はぜひ、安藤歯科に相談してみてください。

お問い合わせ

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい

  • 埼玉 和光市/朝霞048-462-1800
  • 東京 高島平/西台03-3550-1800
  • 静岡 伊東/伊豆0557-51-3418
  • 神奈川大磯町0463-62-1801
  • インプラント専用フリーダイヤル0120-941-801

月火水9:30-17:30 / 金9:30-19:00 / 土9:30-17時 休診:木日祝

お問い合わせ・資料請求