• 歯周病の人は電動歯ブラシを使った方が良い理由

    「歯医者さんに行ったら歯周病だと言われてしまった…。」実は、こういう方は結構多いのです。歯周病は、自分自身ではなかなか気づきにくい疾患です。定期検診や虫歯治療などでたまたま歯医者さんに行ってみつかったというケースはよくあります。歯周病、または歯周病予備軍だと歯科医師から言われたら、日々のセルフケアを見直す必要があります。歯磨きの方法なども今一度検討しなければいけません。こちらでは、電動歯ブラシでのケアについてご紹介したいと思います。

    歯周病とは

    歯周病とは
    まずは歯周病について正しく理解して、適切なケアをおこなえるようにしましょう。

    歯周病とは、虫歯のように歯そのものではなく、歯を支えている歯茎や歯槽骨といった内部の骨の部分などの歯周組織が炎症を起こすというものです。お口の中には、歯周菌をはじめとしたさまざまな細菌がすみついていますが、細菌が繁殖しやすい環境になることで細菌が増殖し、炎症を起こしやすくなります。

    歯周病菌が好んですみつくところは歯垢(プラーク)です。歯垢が歯と歯茎のすき間などにどんどん溜まっていくと、歯周病菌もそこにすみつき繁殖していきます。歯垢が溜まっていくこと、細菌が繁殖していくことで歯と歯茎のすき間の歯周ポケットと呼ばれるものが少しずつ開いて深くなっていき、歯周病菌が歯茎の内部まで入り込んでしまいます。

    歯周病菌から出される毒素によって、歯茎などの歯周組織は炎症を起こします。歯茎が腫れたり、歯磨きの際に歯茎から血がでたり、歯茎がブヨブヨとしてきたりなどの症状があります。
    しかし、このように見た目にもわかりやすい症状がでてくるのは歯周病がある程度進行してしまってからです。歯周病は、初期段階では自覚症状がほとんどないことで知られています。つまり、初期段階で歯周病だと自覚することは難しく、自分で気づいたころにはかなり進行していたというケースか、歯科検診でたまたま見つかったというケースが多いのです。

    歯周病はどんどんと進行していく疾患のため、放っておくと最悪の場合は、歯周病菌が歯根を支えている歯槽骨にまで進出し、歯槽骨を弱らせていきます。そうすると、歯ぐきや歯槽骨によって支えられていた歯の根元部分の支えが不十分となり、歯がグラグラと揺れるようになります。その後も歯周病の進行が続けば、歯が根元から抜け落ちてしまう可能性があるとても怖い疾患です。

    歯周病は、気が付きにくいということと、最悪の場合歯が抜け落ちてしまうということで、思った以上に恐ろしい疾患です。歯周病だと発覚したら、それ以上症状が進行しないようにきちんとケアを行う必要があります。

    ≫ 続きを見る

  • 「一日で噛める!」オールオン4あるある!

    オールオン4という治療法をご存知でしょうか?オールオン4とは、4本のインプラントで上顎もしくは下顎の12本の歯を支える最新のインプラント手術のことです。オールオン4の最大のメリットは、当日に仮歯が全て入った状態になるために、その日のうちにものを食べられるようになるということでしょう。今回は、そんなオールオン4の手術による改善点など「あるある」をご紹介していきたいと思います。

    あるある~その1~「痛みが驚くほどなくなった」

    痛みが驚くほどなくなった
    歯の悩みは人それぞれですが、例えば、噛み合わせがよくなかったり、歯の生え方に問題がある場合、入れ歯と歯茎の間にものが挟まって傷んだり、それによって噛む力を十分にかけられず、ものが食べられなくなるというケースがあります。
    オールオン4の手術後であれば、食べ物が間に挟まって傷むということはなくなります。また、顎の骨にインプラントが固定されているので、痛みを伴わず、固い食べ物でも食べられるようになり、栄養面の心配もなくなります。

    ≫ 続きを見る

  • 歯周病の進行の仕方と進行を止める方法

    歯周病とは35歳以上の日本人の約8割がかかっていると言われている病気です。一般的がゆえに軽く捉えられている傾向もありますが、いまや歯が抜ける理由として、虫歯を上回っている歯周病。かからないために最善の努力をすべきでしょう。歯周病には進行状況によって症状と対応方法が異なってきます。進行度合いとしては大きく4種類に分けられます。今回は4種類それぞれの歯周病の進行プロセスとそれを防ぐ方法をお伝えします。

    歯肉炎

    歯肉炎
    最初は歯肉炎です。歯肉の色が赤くなり、腫れてくることが初期症状として挙げられます。歯磨きの時に歯肉から出血してくるのですが、痛みはなく、一時的なものと認識してしまいがちです。歯肉炎が進行してくると、軽度の歯周炎になってきます。本来は、この時点で歯磨きを徹底し、進行を防ぐことをお勧めします。

    ≫ 続きを見る

  • インプラントの種類『タイユナイト』の優位性

    歯を失った時の治療法の一つであるインプラント。インプラントは、世界中のメーカーでたくさんの種類が生産されていますが、インプラントの治療器具には、金属の一つであるチタンが多く使用されています。なぜ、チタンがインプラントに使われているかという理由をご存知でしょうか。今回は、インプラントとチタンの関係、インプラントの中でも最も長い歴史と臨床実績を持ち、信頼性が高いとされているノーベルバイオケア社の「タイユナイト」についてご紹介したいと思います。

    骨とインプラントの結合とタイユナイトの関係

    骨とインプラントの結合とタイユナイトの関係
    骨とインプラントが結合すると聞いて、不思議に思う方もいるかもしれませんね。実際、このことが発見されたのは20世紀になってからのことで、長い人類の歴史の中でも比較的新しい発見の範ちゅうと言えるでしょう。そして、この発見は、偶然見つかったのです。今から遡ることおよそ60年以上前の1950年代、スウェーデン人のブローネマルク博士が、動物の体内にチタン片を埋めこみ、臨床試験を行っていたところ、実験終了後に動物の体内からこのチタンが取り出せなくなってしまったのです。このことから博士は、ある一定条件においてはチタンと骨が完全に結合するということ(オッセオインテグレーション)を発見したのです。
    この発見をきっかけに、ブローネマルク博士はチタンを使ったインプラントシステムの臨床実験を重ね、現代のインプラントシステムの礎を築いていきました。そんな博士の発見から50年あまりが経過した後、現代インプラントの骨格ともいえるタイユナイトという技術が生まれ、今やインプラント治療には欠かせない技術になっています。

    ≫ 続きを見る

  • 虫歯になったことのない人ほど注意が必要な歯周病

    「虫歯になったことがないから、私の歯は丈夫でお口の中の状態も良いはず!」これまで虫歯と言われたことがない、虫歯になったことがない方は、こんな風に思っている方が多いかもしれません。確かに、虫歯にならないというのは素晴らしいことですが、実はそれと歯周病にならないとは無関係。虫歯になったことがなくても、歯周病になってしまうことは十分にあります。「虫歯になったことがないから、歯周病も大丈夫だよね!」と思っていたら、大変なことになるかもしれませんよ。

    虫歯にならない人の特徴

    虫歯にならない人の特徴
    歯磨きはしているけれど、そんなに気を使っているわけでもなく、適当にしてしまっていることも多いのに虫歯はできない。このように虫歯になりにくい人は、たしかにいらっしゃいます。虫歯になりにくい人となりやすい人の大きな違いは生まれ持った体質にあります。虫歯になりにくい人は、元々口内にミュータンス菌という虫歯の原因になる菌がないことが多いです。日本人で虫歯になりにくい人の30人に1人くらいがこのミュータンス菌が元々口の中にない人だといわれています。

    ≫ 続きを見る