• ザイゴマインプラントのような特殊な例に対応する為に

    インプラントの技術の向上によって、今までインプラントの治療を受けることが出来なかった人も治療が可能になってきました。様々なインプラントの種類の中から、今回はザイゴマインプラントについて紹介します。一般的に知られているインプラントといえば歯を失った部位の骨にネジを埋め込み土台を作る方法ですが、ザイゴマインプラントとは頬にある骨にネジを埋め込む方法です。それではザイゴマインプラントはどのような症例で使われるのか、みてみましょう。

    ザイゴマインプラントの治療法

    ザイゴマインプラントの治療法
    一般的なインプラントは失った歯の本数ごとにネジを埋め込みます。ネジの本数だけ手術の回数も増え費用もかかるため患者さんにとって負担がかかってしまいます。一方、ザイゴマインプラントは左右の頬の骨に計4本のネジを埋め込みます。頬の骨は上顎の骨よりも強度と密度があるため十分に力を加えて噛むことが出来ます。多数にわたり歯を失っている場合や総入れ歯の場合にザイゴマインプラントが非常に有効です。

    ザイゴマインプラントの治療期間

    インプラントを埋め込む部分の骨が薄い場合、骨を移植あるいは新たに骨を増やすための手術を行い、骨が増えたことを確認してからインプラントの治療を開始することが従来の治療法でした。この方法では治療期間3~6か月と非常に長く、特に上顎の骨では1年くらいかかってしまいます。しかしザイゴマインプラントは、骨を増やす期間がないため骨が薄い場合でも治療期間が非常に短くなります。

    ザイゴマインプラントの対応

    ザイゴマインプラントの対応
    ザイゴマインプラントは、インプラントと総入れ歯の良い点をそろえた方法といえるでしょう。ザイゴマインプラントの上につける人工の歯には歯茎をつけることが出来るので、歯茎が痩せて気になる人にもおすすめです。
    ザイゴマインプラントは上顎の歯に対して行う方法ですので、下顎の歯に対して行う方法ではありません。

    どこでも治療が受けられるわけではない

    ザイゴマインプラントは頬の骨に通常よりも長いインプラントを埋め込むため特殊かつ高度な手術になります。そのため、どこの歯科医院でも治療を受けられるわけではありません。「ザイゴマインプラントについて興味が沸いた」「ザイゴマインプラントの治療を受けたい」と思ったらまずは治療が出来るかどうか行きつけの歯医者さんに確認してみましょう。もしくは、インプラントを専門としている安藤歯科医院に相談するのもひとつの方法でしょう。

  • ザイゴマインプラントの「ザイゴマ」とは?

    インプラントがどのような治療であるかは皆さんご存知でしょう。インプラントはつい最近始められた治療法です。今までは、歯を失った部分には入れ歯やブリッジなどの治療が行われてきました。そんなインプラントに新たな方法「ザイゴマインプラント」が開発されました。ザイゴマインプラントの「ザイゴマ」とは何でしょうか。また今までのインプラントとどのように違うのでしょうか。今回はザイゴマインプラントについてご紹介します。ザイゴマインプラントは歯科業界においても比較的新しい治療法のため、ザイゴマインプラントの治療を行なっている歯医者さんは現在のとこる多くはありませんが、今後メジャーになる治療法と言えるでしょう。

    「ザイゴマ」とは?

    「ザイゴマ」とは?
    ザイゴマとは「頬の骨」のことです。通常のインプラントの場合、ネジを埋め込む部分は歯を失った部分の顎の骨に埋め込みます。ザイゴマインプラントではその名の通り、ネジを頬の骨に埋め込みます。また通常のインプラントの場合歯の被せ物を行う本数分ネジを埋め込む必要がありますが、ザイゴマインプラントの場合頬の骨にネジを4本埋め込むだけで全ての歯の被せ物を入れることが出来ます。

    ≫ 続きを見る

  • 全ての患者様向けに開発された「ザイゴマインプラント」

    歯を失った部分への治療法のひとつにインプラントがあります。日本でのインプラント治療はここ数年でメジャーとなりつつありますが、そんなインプラント治療に新たな方法「ザイゴマインプラント」が開発されました。ザイゴマインプラントは、歯科業界においても注目されている最新の治療法で、一般的なインプラントが出来ない患者さんへ開発された方法です。今回はザイゴマインプラントについて紹介します。

    インプラントが出来ない場合とは?

    インプラントが出来ない場合とは?
    インプラントとは骨にネジを埋め込み土台を作り、土台の上に被せ物を入れる方法です。そのため、インプラントのネジを埋め込む部分に骨がない場合は不可能な治療法でした。骨が少ない場合は、骨再生や骨移植を行ってネジの土台となる部分の骨を増やします。この方法は、治療期間が約1年かかる上、手術の回数も増えることから患者さんへの負担が大きくかかってしまいます。

    ≫ 続きを見る

  • 疲労時に歯肉が腫れるのは歯周病の証拠

    人は疲れやストレスがたまってくると、風邪をひいたり顔や体にニキビや吹き出物ができたりと、いろいろな症状が現れたりします。お口の中も同様で、虫歯でもないのに歯が痛んだり、歯茎が腫れたりといった症状が出る方もいます。中には疲れているから歯茎が腫れているんだと思い込んで、歯医者さんには行かないという方もいるかもしれませんが、歯茎の腫れの原因は疲れやストレスではなく、実は歯周病のサインであるかもしれません。今回は歯茎の腫れと歯周病についてご紹介したいと思います。

    歯茎の腫れは歯周病のサイン。腫れが出たらまずは歯周病チェックを!

    歯茎の腫れは歯周病のサイン。腫れが出たらまずは歯周病チェックを!
    お口の中や周りの筋肉はとても強い一方で、歯を支えている歯茎は、実はとても繊細なものです。ストレスや体調の悪化で腫れたりしますし、女性の方では生理によって歯茎が腫れるという方もいるほどです。歯茎の腫れの原因は、お口の中にいる細菌が関係しています。ストレスや体調不良によって免疫が落ちてくると、細菌に対する抵抗力が少なくなり、歯周病への感染リスクが高くなります。また、歯茎の腫れだけでなく、歯みがきをして出血したという症状が出た場合は、歯周病の初期症状である歯周炎の可能性があります。歯周炎を放置しておくと重度の歯周病になり歯を失ってしまうこともあるので、疲れやストレスで歯茎が腫れるという方は注意しましょう。

    ≫ 続きを見る

  • オールオン4の手術が受けられる年齢とは?

    オールオン4とは、最小限の本数のインプラントを骨に埋め込むことで多くの歯を補てんできる治療法です。治療当日から食事や会話ができる、施術による腫れ、痛みがない、また、骨が少ない方でも施術できるなど、多くのメリットがある方法です。さらに、見た目が美しくなるため、多くの方に支持されている施術方法です。そんなオールオン4の手術は、何歳から受けられるのでしょうか?今回は手術可能な年齢の幅とその理由、そして早めに受けるべきかどうかの判断基準などを説明していきます。

    16歳以降に手術を受けることが可能に

    16歳以降に手術を受けることが可能に
    明確に決められているわけではありませんが、インプラント治療の場合、手術を受けられるのは、16歳からとされています。人の骨に直接埋め込むことから、骨の成長が十分ではない時にインプラント治療をしてしまうとその部分の骨の成長だけに違和感が出てしまったりするため、人の骨の成長がほぼ完了するといわれている16歳が治療を受けられる基準年齢になっているのです。
    これはオールオン4でも通常のインプラントでも同様であり、いくらオールオン4が骨の少ない部分でも手術が可能なものであっても、骨の成長が続いている間は治療を行えません。

    ≫ 続きを見る